ブログ運営

検索流入が大事と言っているブロガーが、ブロガー向けの記事を書く矛盾

投稿日:2017年8月8日 更新日:

f:id:waseda-neet:20170808131223p:plain

ブロガーのみなさん、他の人のブログを見ていると「〜万PV達成した具体的な方法◯選」というような記事をよく見ませんか?そして、そのほとんどがPVを伸ばすには検索での流入が一番大事と書いてませんか?

でもそれって矛盾してません?

「〜万PV達成した具体的な方法◯選」という記事自体がブロガー向けの記事であり、検索での流入を狙った記事じゃないですよね。

ではなぜ彼らはブロガー向けの記事を書くのか、今回はその理由に関してご説明したいと思います。

固定ファンを獲得するため

いきなりですが、ずばりこの理由です。多くの人がブロガー向けの記事を書いているのは、固定ファンを獲得するためと言い切っても良いと思います。そして、ある程度大きなブログになるまでは、固定ファンになるのはほとんどがブロガーです。

ブロガーを固定ファンにする

下の図はあなたのブログの記事がどのように人に伝わっていくかを図にしたものです。

f:id:waseda-neet:20170808111258p:plain

図のように、あなたの記事はまずブロガー界に届きます。そして、そこで認められたもの、つまりはてブが多くついたもののみがはてなブックマーク界に届きます。さらに、はてなブックマーク界で認められた本物の価値ある記事のみが、SNSなどを通して最終的には外の世界に届きます。

もちろん、この流れ以外のルートもあります。もともとTwitterのフォロワーが多い人は、いきなりSNS界に届けることができますし、数ヶ月記事を書き続けることを我慢できれば、google神が直接外の世界に届けてくれることもあるでしょう。

しかし、上の図で示したルートこそが初期のブログにおける主要なルートであり、ブログが成長した後も有効なルートになります。

あなたの記事をまず見るのはブロガー界の方々であるため、ブロガー界の固定ファンが最も獲得しやすいです。そして、ブロガー界で多くのファンを獲得できれば、より外の世界へあなたの記事が伝わりやすくなります。それを表したのが下の図です。

f:id:waseda-neet:20170808120841p:plain

このように、土台となるブロガー界へのリーチが多くなればなるほど、はてなブックマーク界、SNS界、外の世界へのリーチがどんどん増えていきます。もちろん、記事の質が前提ではありますが。

集客方法を分散させることでブログ運営のリスクが減る

初期のブログにおける固定ファンの重要性がわかったとして、検索での上位表示が狙えるようになったら疎かにしていいかと言われるとそうではありません。検索流入のみに頼ったブログだと、google神のご機嫌によってかなりの痛手を被る危険性があるからです

こちらのブログを運営している方は、検索順位低下による被害があったという話をされています。

trends-mania.xyz

一部引用させていただきます。

『検索流入だけに頼らないこと』と『アドセンスだけに頼らないこと』ですね。

ソーシャルだとかリファラだとかからの流入があれば、検索を飛ばされても1つの経路が潰れるだけですし、PV依存による収益化のみに絞らず、他にもキャッシュポイントを作っておけば、必要以上に恐怖を覚えることもない、ということです。

(引用:Googleアルゴリズム変更でゲロ吐きそう【検索順位はどこ行った!?】 - トレンドマニア)

これは超重要なことです。私がサラリーマン時代に運営に関わっていた月間1,000万PV以上あった大型webメディアも、検索、無料メルマガ、ソーシャル、固定ファンからの直接流入など、どれか一つの流入に頼りすぎないように運用していました。

ブログも同様で、検索からの流入だけでなくツイッターのフォロワー、ブラウザのブックマーク、はてなブログの読者など、色々な集客方法を確保することが大事です。

実際、有名なブログのほとんどがバランスの良い集客ができているので、similarweb(https://www.similarweb.com/ja)などで是非確認してみてください。

ちなみに、similarwebをご存知でない方にsimilarwebを説明すると、他の人のブログのPV数や流入元などの推定値が見れるツールです。

noteや有料サロン、セミナーを売るため

もちろん、この理由の人もいます。ブロガーに「◯万PVのブログにするためのノウハウ」というコンテンツをnoteや有料サロン、セミナーで売るため、ブロガー向けの記事を書いているという理由です。

ただし、noteなどを売る場合、ある程度の実績や知名度がないと売れないので、この理由でブロガー向けの記事を書いている人は多くはないです。

ちなみに、noteなどの販売に関して否定的な意見も度々見かけるのですが、個人的には全然良いと思っています。価値がある内容であれば、ですが。より具体的に言うと、再現性のある成長のさせ方でブログを成長させた人のノウハウであれば、ブロガーにとっては価値があると思うので有料でも全然良いと個人的には思います。

その他の理由

上で挙げた理由以外にも何個か理由は考えられます。

  • ネタ不足で書きやすかったから
  • 後進の成長のため
  • ブロガーとのコミュニケーションでモチベーションを上げるため
  • 単純に書きたかったから
  • みんな書いてるから

などもあると思います。みんな書いてるからという理由は思考停止しているので、この理由で今まで書いていた人は今回の記事を参考に、なぜ書いているのかを再度考えた方が良いと思います。

まとめ

今回の記事をまとめると、

ブロガー向けの記事を書くことでブロガーを固定のファンにすることができ、さらに固定ファンが多ければそれだけ拡散されるチャンスも増え、結果的に検索流入のみに頼らない安全なブログ運営ができるようになる。

ということです。

今回の記事は、とにかく検索流入だと言っているブロガーがブロガー向けの記事を書くことを批判しているわけでも、嘘をついていると言っているわけでもありません。そういった方は無意識に固定ファンを作ることができているのではないかと個人的には思っています。

もちろん、検索から流入を軽視しているわけでもありません。検索からの流入は外の世界の人たちに直接リーチできますし、検索から訪れたユーザーの方がアフィリエイトの商品を買ってくれやすいこともあるので、超重要です。

しかし、同じように固定ファンを増やすことも重要であるということが言いたかったのが今回の記事となります。少しでもみなさんのお役に立つ記事であれば幸いです。

以上の理由から、みなさんの読者登録、Twitterのフォロー、はてブでの拡散をお待ちしております!

-ブログ運営

Copyright© WASENEE , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.