雑記

VALUは銃。ヒカルはそれをぶっ放した。

投稿日:2017年8月17日 更新日:

私は今回の一連の騒動に関して、youtuberのヒカルがVALUというサービスの危険性を自らが身をもって証明したのだと思っています。

つまり、VALUという本来の用途で使用すれば素晴らしいサービスを、本来の用途とは別の方法で自らが使用することで、VALUの危険性を広めようとしたのだと思っています。

まるで、便利だがそれ以上に危険な銃をその危険を規制するルールがない中で危険だということを示すためにぶっ放すように、です。

そもそも、ヒカルのVALUの件をご存知でない方はこちら。

news.livedoor.com

で本日早朝にこのツイート。

色々な考えの方がいるようですが、私は叩かれたから買い戻しを行うと言っているのではなく、最初から考えていたストーリーだと思っています。

VALUの危険性

そもそもVALUというサービスは、寄付をベースとしトレーディングカード的な要素を加えたサービスです。ホリエモンもそのように言っています。

本来的には、個人の夢を叶えるために他の人が金銭という形で応援するものです。そこにトレーディングカードの要素をプラスしたため、面白くもあり危険でもあるのです。

トレーディングカード的な要素があるため、寄付という意味合いでのVALUの保有ではなく、売買によって金銭的なリターンを得ようとする人たちが現れています。

また、発行する側はどうかというと、VALUを発行するだけでお金がもらえるかもという軽い気持ちでVALUを発行する人たちが出てきているように見えます。

www.itmedia.co.jp

この記事の人は、よくわからないけど儲かりそう!という理由でVALUを発行し、途中で恐くなってやめています。

何が言いたいのかというと、本来、VALU発行者は「夢を追うためにお金が必要な人」であるべきで、「その夢を応援する人」がVALUを購入つまりは寄付するべきですが、「単純にお金が欲しい人」がVALUを発行していたり、「売買で利益を得たい人」がVALUを購入しているという現状があります。

これらのことが悪いことだとは思いません。しかし、危険だと考えています。

道具とそれを使用する者

性善説的にVALUというサービス、道具を考えたら、お金がないけど夢がある人を助ける素晴らしいサービスです。しかし、その機能を別の理由で利用する人間が現れます。

その最たる例が、今回のヒカルです。

自らの人気や知名度を金銭に変えるという行為のみを行いました。夢や目標などは一切関係なく。

この行為を小金稼ぎだと言う人もいますが、私はヒカルがこのような行為を行った理由は、自ら悪役を演じることでVALUの危険性を知ってもらう意図があったのではないかと考えています。

ヒカルは自分のVALUのページ上で、このように自分の考えを述べています。

Valuの株でお金儲けをしようとする人が減ればいいなと思う。
本来のあるべきサービスの形じゃない現状が僕は非常に気持ちが悪いです。

ここは小銭稼ぎの場でしょうか?

大したことのない偽物たちがここではランキング上位にいます。
もちろん中には堀江さんのような本物もいますが多くは小ずる賢い手段で時価を釣り上げている見せかけの偽物です。

僕のバリューの購入者には3パターンいると思っていて、
1 単に僕のファンで純粋な支援をしてくれている人
2 僕のバリューで小銭稼ぎをしようとする人
3 なんとなく周りに流されて買った人

本来あるべき形は、
このバリュー側が望む形はどれだと思いますか?

僕は1だと思います。


僕からの株主優待には期待しないでください。
今のところ何も考えていません。

ただ、一つだけ、
僕はこれからも輝く続けることをお約束します。

そして最後に購入者のみなさんありがとうございます。
これからも宜しくお願いします。

https://valu.is/hikarukinkuroより

この発言が真実で、自ら悪役を演じることでVALUの危険性を知ってもらう意図があった、とすると私としてはしっくりきます。

だからこそ、小銭稼ぎが目的でなかったからこそ、

この行為をとるのだと。

そして、この一連の行いというのが、便利だがそれ以上に危険な銃をその危険を規制するルールがない中で危険だということを示すためにぶっ放したようだ、と私は感じました。

つまり、今回の一件はVALUも銃も便利な道具ではあるものの、その使用者の使い方によっていかようにも化ける、ということを示しているように思えます。

サービス、道具の規制

銃はその危険性から多くの国で使用や所持が制限されています。そして、便利だが危険性を孕んでいるサービスや道具に関しては、銃のように規制やルールを徹底するべきだと思います。

銃の購入者を制限するようにバリューの発行者の審査をより厳重にするという方法、銃の殺傷能力を下げるような意味合いでトレーディングカード的な側面を減らすという方法もあるかもしれません。

何にせよ、今回の一件でヒカルが意図していたかしていないかは本人ではないので実際のところはわかりませんが、VALUの危険性はより広く認知されたと思います。

私は売買の利益目的でVALUを購入する行為が悪いことだとは思っていません。しかし、それができてしまうこと、それによって今回のようなことが起こる可能性があること、それが危険だと思っています。

本来の使用方法で使用すればとても良いサービスだからこそ、多くの人が言っていることではありますがルールの整備が急務だと思います。

ここまでかなりヒカルよりっぽい考えを示しましたが、私はヒカルの信者でも擁護したいわけでもないので、今回の行為が法的に問題がある、つまりは詐欺にあたる行為なのであれば然るべき措置をとるべきだと思っています。それが法治国家だと思うので。

あ、あと井川氏は

インサイダーで儲けたというのは全くの誤解です!自分はヒカルがVALUをやるというので試験的に手伝っていただけです。今回、ヒカルから全部ファンに持ってもらいたいと相談されたので、自分の分も全て放出しました。元々ヒカルのVALUなので、得たお金は全てヒカルのために使います!

https://valu.is/ikawaより

このように言っているので、これが本当の気持ちでヒカルのために使いたいのであれば、買い戻しに使わないとダメですね。
VALU大丈夫かと思って書いた関連記事はこちら。

-雑記

Copyright© WASENEE , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.