Kindle Kindle本

Kindle Unlimitedに980円払う価値はあるのか?|おすすめの本・解約方法

更新日:

f:id:waseda-neet:20170919085648j:plain

 

※2018年4月:おすすめの本を更新

Amazonが「Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)」のサービスを始めてから約1年半が経過しました。ネット上では読みたい本が「Kindle Unlimited」の読み放題対象でないから微妙という意見も見かけます。

私も「Kindle Unlimited」を利用する前は微妙そうだなと感じていました。買いたいと思う本がほとんど読み放題対象じゃないから意味ないんじゃないかと。

しかし、実際にKindle Unlimitedを体験してみて、このサービスの良さは「買いたいと思う本が月額定額の読み放題で読める」ではないと私は感じました。

Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)のサービスの良さは

  • 読みたいときに読みたい本を読みたい量だけ気軽に読める
  • 今までは出会えなかった本(買わなかった本)に出会える

ことだと思っています。このために、私は無料体験期間が終わっても月額980円を払って利用しています。

そこで、本記事では

  • 前半は「Kindle Unlimited」の料金、おすすめの本、登録・解約方法の紹介
  • 後半は「Kindle Unlimited」に月額980円支払うべきかの考察

をしたいと思います。

何にせよ、まだ一度も「Kindle Unlimited」を利用していない人は30日間無料お試し期間があるので、その無料お試し期間だけは利用しておいた方が絶対にお得です。

「Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)」のサービス内容と料金

 

約17万冊の本が月額980円で読み放題

「Kindle Unlimited」とはAmazonが提供している電子書籍の読み放題サービスです。月額は980円で初回の30日間は無料で利用することができます。

全ての電子書籍(Kindle本)が読み放題ということではなく、 「Kindle Unlimited」対象タイトルのみが読み放題となります。

2017年9月現在、約17万タイトルが読み放題の対象となっています。

↓こちらは2017年9月時点のAmazonのスクリーンショットです。

 

2017年11月追記:↓2ヶ月で約8,000タイトル追加されました。

 

↓全Kindle本は約62万タイトルなので、「Kindle Unlimited」に登録すると、1/4以上が読み放題ということになります。

 

2018年4月追記:↓現在は正確な数字は表示されなく、100,000以上と表示されるようになりました。

 

スマホやパソコンでも読める

「Kindle Unlimited」という名前だけあって、「Kindle端末」で読むのが一番読みやすいです。しかし、専用の「Kindle端末」以外でも読めます。

パソコンやタブレットはもちろん、スマホでも読めます。私は外出中に「Kindle端末」を持っていない時はスマホで読んでいます。スマホでニュースやブログの記事を読むのと変わらず普通に読めます。

↓こちらのアプリをダウンロードすれば、すぐに読めます。もちろん、ダウンロードは無料です。

Kindle

Kindle
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted with アプリーチ

「Kindle Unlimited」で読めるおすすめの本・ラインナップ(2018年4月更新)

  • 「Kindle Unlimited」に登録すれば17万冊以上の本が読み放題
  • しかも、パソコンやスマホでも読める

ということはわかったけど、17万冊の本にはどんな本があるの?

と思う方も多いと思います。自分が興味ない本が多くても意味ないですもんね。

そこで、一部ではありますが「Kindle Unlimited」で読める雑誌、小説、ビジネス書、漫画などをご紹介したいと思います。

(2018年4月時点)

 

雑誌

健康雑誌の「Tarzan」をはじめ、「声優アニメディア」「Mac Fan」「MONOQLO」「家電批評」「Domani」

他にも

「mina」など、めちゃくちゃ多くの雑誌が読み放題です。

仮に雑誌だけを読むとしても、月に2冊以上読むと1,000円を超えてしまうので、「Kindle Unlimited」に登録して読んだ方がお得です。

↓このように¥0と表記されている本が「Kindle Unlimited」の読み放題対象本です。普通に買うと¥720です。

 

小説

「ハリーポッター」シリーズが賢者の石から死の秘宝まで、全7作品読み放題です。

「ハリーポッター」全7作品を普通に購入すると7,000円以上かかってしまうので、「ハリーポッター」を読みたい人は絶対「Kindle Unlimited」で読んだ方が良いです。

私の友人でも「ハリーポッター」を読むためだけに登録した人もいます。(普通に雑誌とかも読んでましたけど…)

 

他にも以下のような小説が読み放題です。詳しくはKindleで読める面白い小説のおすすめランキングでも紹介しているので、小説に興味がある人は是非そちらも参考にしてみてください。

ビジネス書

超有名な自己啓発本の「思考は現実化する」をはじめ、以下のビジネス書が読み放題です。(読み放題本の一部なのでまだまだあります。)

「伝わっているか?」は個人的に気になっていたけど、購入までは至らず欲しいものリストに入れていた本です。時間ある時に腰を据えて読む予定ですが、自分には響なかそうなら途中でやめます。気軽に途中でやめることができるのも読み放題の良いところですね。

 

漫画

Kindle Unlimitedは漫画もラインナップに含まれています。

ただ、漫画に関しては雑誌、小説、ビジネス書に比べるとラインナップは少ないので、漫画だけが目的であれば漫画アプリの方が面白い人気の名作が読めるのでおすすめです。

ここでは人気の漫画と個人的におすすめの漫画を簡単に紹介します。

 

ドラマ化で注目の「やれたかも委員会」

 

福本伸行さんの人気作「カイジ」と「銀と金」

 

ドラゴン桜などで有名な三田紀房さんの投資漫画「インベスターZ」

 

他にもKindle Unlimitedでは以下の漫画を読むことができます。

その他

他にも面白い本が豊富にあるので、何冊か私が読んだ本をご紹介します。

 

 

最近話題の「ビットコイン」や「炭水化物抜きダイエット」の本などは購入するまでの興味はありませんでしたが、読み放題なので立ち読み感覚で気軽に読んでみました。

「麻雀」の本もちょっと読んでみよ、くらいの感覚で読み始めたら、めちゃくちゃ面白くてがっつり全部熟読しました。

これらの本はすべて買ってまで読むことはなかったと思います。読み放題ということで、気になるテーマの本を気軽に読みたい部分だけ読むことができるのが「Kindle Unlimited」の醍醐味だと思います。

ちなみに大人向けの写真集などもあったりします。

 

実際にご自分でどんな本がKindle Unlimitedで読み放題なのか確認したい方は以下の記事を参照ください。

(PCでの読み放題の本の探し方が難しいので、下の記事で紹介・説明しています)

「Kindle Unlimited」と「Prime Reading」の違い

Amazonは「Kindele Unlimited」に似たようなサービスで「Prime Reading」という本読み放題のサービスを提供しています。

何が違うのかわからない方もいると思うので、簡単に「Kindele Unlimited」と「Prime Reading」の違いを紹介したいと思います。

 

読める本の数

「Kindele Unlimited」と「Prime Reading」の一番の違いは読める本の数です。

「Kindele Unlimited」は約17万タイトルである一方、「Prime Reading」は約700タイトルであるため、圧倒的に「Kindele Unlimited」の方が読める本が多いです。

 

料金

プライム会員 非プライム会員
Kindle Unlimited 月額980円 月額980円
Prime Reading 無料 ×

「Prime Reading」は年3,900円(月換算325円)のプライム会員特典の一つという位置付けのサービスです。そのため、プライム会員であれば無料で利用することができますが、プライム会員でない人は利用できません。

一方、「Kindle Unlimited」はプライム会員とは全く別のサービスです。そのため、プライム会員だろうがなかろうが月額980円で利用することができます。

「Kindle Unlimited」の登録、解約方法と注意点

ここまででご紹介した本は「Kindle Unlimited」で読み放題の対象になっているタイトルのほんの一部です。

これほど充実したサービスの料金が月額980円というのもすごいですが、何と言っても30日間無料で体験できるというのが本当にすごいと思います。

2ヶ月目以降に月額980円を支払って継続するかは無料体験中に考えれば良いので、まずは無料体験を利用してみるのが良いと思います。

 

登録方法

「Kindle Unlimited」の無料体験の登録はかなり簡単です。

①まずは↓この画像をクリック。

②クリックするとこの画面に飛びます。

f:id:waseda-neet:20170919072825p:plain

 

③赤枠部分をクリック。これで終了です。一瞬ですね。

 

解約方法

「Kindle Unlimited」は登録してすぐに「2ヶ月目以降の更新をしない」という設定にすることができます。

この設定にしておけば、解約を忘れて料金を請求されるなんてことは起こりません。普通ここまで親切じゃないんですが、さすがAmazonですね。超親切です。

無料体験で便利だったら「継続利用する」に設定を変えれば良いだけなので、とりあえず「更新しない」設定にしておくことをおすすめします。

以下その手順です。

f:id:waseda-neet:20170919071405p:plain

①「アカウントサービス」内の「お客様のKindle Unlimited」をクリックします。

 

f:id:waseda-neet:20170919071603p:plain

②「メンバーシップを終了」をクリックで完了です。

これで、無料期間が終了したら自動で利用が終了します。「メンバーシップを終了」をクリックしてもすぐに利用できなくなるわけではなく、30日間は利用できる、というのがポイントです。

 

注意点

10タイトルまでしかダウンロードできない

Kindle Unlimitedを利用する際は、一度ダウンロードしてから本を読むことになります。その際、本はライブラリに保存されることになるのですが、そのライブラリに保存できる本は10タイトルまでとなります。

こんな感じです。

f:id:waseda-neet:20170919065528p:plain

※6タイトルしか表示されていませんが、下に4タイトルあります。

すでに10タイトルがライブラリに保存されている場合、11タイトル目のダウンロードの際にライブラリから消去するタイトルを選択しなければなりません。

ただ、実際に利用していて11冊以上の本を同時に読むことはないので、ほとんどの人にとっては問題ないと思います。読み終わった本を消せばOKです。

 

読める本がころころ変わる

良くも悪くも、「Kindle Unlimited」の読み放題対象タイトルは結構頻繁に変わります。

そのため、読みたい本を見つけたらなるべくダウンロードしてライブラリに保存しておくことをおすすめします。(ライブラリに保存しておけば、読み放題対象でなくなっても読めます。)

また、読み放題対象タイトルはだいたい17万タイトルなので、読めなくなる本の代わりに新しい本が読めるようになるのは嬉しいです。

 

「Kindle Unlimited」をより楽しむためのAmazonデバイス

「Kindle Unlimited」をより快適により楽しむためには、Kindle端末やFireタブレットなどのAmazonデバイスでの利用がかなりおすすめです。

もちろん上でもご紹介した通りPCやスマホでも利用することはできますが、快適さが全然違います。

 

Kindle端末

電子書籍を読むなら、当然電子書籍リーダーの「Kindle端末」がベストです。

  • 片手で持てる軽さ
  • 最大6週間持つバッテリー
  • 紙の本と似たような質感

などの良さがあります。

 

Fireタブレット

雑誌も読みたい方には「Fireタブレット」がおすすめです。

「Kindle端末」は全て白黒なのでカラーの雑誌を存分に楽しむことはできませんが、「Fireタブレット」であればカラーで雑誌を読むことができます

↓写真は「Kindle Paperwhite」と「Fire HD 8」の比較。やっぱりガッキーはカラーが良いですよね。

「Kindle Unlimited」の評価・レビュー

ここまでは「Kindle Unlimited」の良さや注意点などをご紹介させていただきました。

無料体験は利用しなきゃ損なので、絶対に利用した方が良いと思います。雑誌を適当に読むとか、ハリーポッターを読んでみるとかでも良いと思うので、是非無料体験を利用してみてください。

ここからは、

2ヶ月目以降、「Kindle Unlimited」に月額980円を支払う価値があるか?

という部分に関して、実際に「Kindle Unlimited」の無料体験を利用してみて思ったことを紹介したいと思います。

ちなみに結論を言うと、私は払う価値があると思い継続して利用しています。その理由を説明します。

 

※結構長いので、無料体験がまだの人は私の記事を読むより、Kindle Unlimitedで面白い本を読んだ方が良いと思います。

 

「元を取る」という考え方

Kindle Unlimitedに限らず、huluなどの月額定額の動画配信サービスや食べ放題などの定額サービスがあるところには、必ずと言っていいほど「元を取る」という考え方が出てきます。

せっかく1,000円払ったんだしたくさん本を読んでやるとかたくさん食べてやるという考え方です。気持ちはめちゃくちゃわかるのですが、私はこの考え方はしないようにしています。なぜなら、本質的な考え方ではないと思うからです。

例えば食べ放題の場合、美味しく食べられる量を食べたらやめれば良いのに、無理して食べ過ぎて気持ち悪くなった経験がある人も多いと思います。私は結構あります。本来「満足できる量を美味しく食べること」が重要なのにです。

必要以上に食べ過ぎても、気持ち悪くなるし、太るかもしれないし、良いことなんてないですよね。なんとなく損したくないからという自分の気持ちに従ってる以外に意味はないです。つまりは自己満足だと思います。

Kindle Unlimitedでも元を取る精神でたくさん本を読もうとする人もいるかもしれません。しかし、その考え方で無理して本を読むことは、お金だけじゃなく貴重な時間も消費してしまうので、むしろ損をすると私は考えています。

「元を取るために」読むのではなく「読みたいから」読むべき、もしくは「空いた時間に」読むべきだと思います。

 

「Kindle Unlimited」のサービスの良さ

では、「Kindle Unlimited」のサービスの本質は何か。それは読みたいときに読みたい本を読みたい量だけ気軽に読める」ことだと思います。月額980円を払うことで、常にその状態にしておくことができます。

この考え方を踏まえつつ、「本に対する興味の度合いによる行動の違い」について考えながら「Kindle Unlimited」で得られるメリットについて紹介します。

 

本に対する興味の度合いによる行動の違い

f:id:waseda-neet:20170916181613p:plain

「本に対する興味の度合いによる行動の違い」を簡単に図にしました。上に行くほど興味が高く、三角形や台形の面積が本の量のイメージです。

興味の度合いが高いものから順に

  • ①買うなり借りるなりして読んでる
  • ②積ん読してる(買ったけど読んでない)
  • ③Amazonの欲しいものリストに入れたり、メモったりだけしてる(そして忘れる…)
  • ④スルー

とほとんどの人がなっていると思います。

で、Kindle Unlimitedをこの図に当てはめるとこんな感じです。

f:id:waseda-neet:20170916182026p:plain

Kindle Unlimitedの読み放題対象の本は全Kindle本の約1/4。数にすると約17万タイトルです。そして、興味がある本もあればない本もあるので、図にするとこんな感じだと思います。

そして、Kindle Unlimitedを利用しているとこうなります。

f:id:waseda-neet:20170916183012p:plain

買いたいと思うほどに興味があった本でKindle Unlimited対象の本は買わなくて良くなります。黄色の部分です。

また、興味があるけど買うほどではなかった本が気軽に読めるようになります。こんな感じ。

f:id:waseda-neet:20170916183108p:plain

ただ、実際はこのような綺麗なピラミッドではないと思います。人によってそれぞれの割合が異なるからです。

例えば、私の場合のピラミッドはこんなイメージです。

f:id:waseda-neet:20170916183246p:plain

私はそこまで本を読む方ではないので、ほとんどの本をスルーします。そして、興味があっても買うほどではない本が結構多いです。欲しいものリストには多くの本が溜まっています。

積ん読はほぼしません。買ったら読みます。むしろ、絶対読むと思うほどでないと買いません。

この私のピラミッドにKindle Unlimitedを当てはめます。

f:id:waseda-neet:20170916185026p:plain

買いたいと思うほどに興味がある本が読み放題の対象になっていることはほとんどないです。何もしなくても売れる本はそのまま売ると思うので、人気の本は割合としては結構低いイメージです。

そのため、実際はこんな感じです。

f:id:waseda-neet:20170917111134p:plain

ただ、目玉商品として読み放題に入っている売れそうな本もあることはあります。(売れそうな本というのは主観ではありますが)

ちなみに私の場合、最近だとこの本を買いたいと思ったら読み放題対象の本で「ラッキー!」となりました。

  •  買いたいと思うほどに読みたい人気の本は少ない
  • があることはある

とう感じです。

しかし、人気の本が少なくても問題ありません。なぜなら、上でも書いたようにKindle Unlimitedのサービスの本質は 「読みたいときに読みたい本を読みたい量だけ気軽に読める」ことだからです。

この恩恵を最も受ける部分が、図で言うとこの部分です。

f:id:waseda-neet:20170916183402p:plain

買うほどではないけどちょっと興味あるなっていう本はめちゃくちゃあります。今まではメモって忘れ去っていたそれらの本を「気軽にすぐ読めること」に私は月額980円を払っています

  • コンビニや本屋で軽く立ち読みをするように
  • 図書館で本を借りるように
  • 漫画喫茶で気になった雑誌を手に取るように

気軽に本を読むことができます。それも場所の制限なく、時間の制限なく、本の重さという制限なく

これが私が考える「Kindle Unlimitd」のサービスの本質です。この考え方に共感できる人には月額980円払う価値のあるサービスだと思います。

 

「Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)」のまとめ

Kindleやタブレットはもちろん、スマホやPCでも「Kindle Unlimited」を利用することができるので、興味がある方はとにかく一度無料体験をするのが良いと思います。

一見、本好きだけに向けたサービスのように思えますが、そんなことは全然ないと私は思っています。

  • 通勤時間が長い人
  • 何かの待ち時間に暇をしている人
  • 雑誌をよく立ち読みしている人

などにも適したサービスだと思います。

「読みたいときに読みたい本を読みたい量だけ気軽に読める」ということに魅力を感じる方は、是非無料体験をして「Kindle Unlimited」のある生活を体験してみてください。

人気記事

1

面白いソーシャルゲーム(ソシャゲ)の人気おすすめランキングです。 超人気の名作から2017年、さらには2018年の最新作やリリース予定のアプリまで、無課金でも面白いスマホゲームアプリのみを厳選しました ...

2

  Amazonは2017年11月8日に音楽聴き放題サービス「Music Unlimited」の提供を開始しました。 しかし、AmazonはAmazonプライム会員向け音楽聴き放題サービスと ...

3

  ※2018年4月:おすすめの本を更新 Amazonが「Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)」のサービスを始めてから約1年半が経過しました。ネット上では読みたい本が ...

4

人気漫画を無料でたくさん読める、マンガアプリのおすすめランキングを紹介します! 作品数は多いけど無名マンガばかりでつまらない… 有名マンガが読めるけど全部有料… ということがないように、数あるマンガア ...

5

  動画配信サービス(VOD)で映画やドラマ、アニメが観たいけど、動画配信サービスがたくさんあってどれが良いかわからない… と思ってる方、多いのではないでしょうか。 そんな方に向けて、動画配 ...

-Kindle, Kindle本

Copyright© WASENEE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.