Kindle Kindle本 漫画

電子書籍とは?紙の本との比較やおすすめの電子書籍リーダー・ストアを紹介

投稿日:

電子書籍が爆発的に普及し、今や本を買うなら紙の本ではなく電子書籍という人もかなり増えています。私もそのうちの一人です。

そんな電子書籍ですが、中には

  • 電子書籍がいまいちわからない…
  • 結局、紙の本に比べて何が良いの?
  • 専用の端末、電子書籍リーダーは必要なの?どれが良いの?

と思っている方もいると思います。

そんな方に向けて、本記事では電子書籍について詳しく解説したいと思います。

一度利用してみると紙の本には戻れないほどに便利でお得なので、是非みなさんも電子書籍を利用してみてください!

スポンサーリンク

電子書籍とは

電子書籍と電子書籍リーダー

「電子書籍」とは、一般的に紙の本のデータそのもの、つまりコンテンツ自体を意味します。

一方、「電子書籍」を読むための専用端末のことを「電子書籍リーダー」と呼びます。

↓このAmazonが販売しているKindle端末などが代表的な「電子書籍リーダー」です。

電子書籍はパソコンやスマートフォンでも読める

勘違いされている方も多いのがこれ。

電子書籍はKindle端末などの電子書籍リーダーで読めるのはもちろん、みなさんが使用しているパソコンやスマートフォンでも読むことができます。

そのため、わざわざ電子書籍リーダーを買いたくないと思っている方や、電子書籍リーダーを買うお金がない人も問題ありません。

 

電子書籍はどこで買うのか?

紙の本であれば本屋やコンビニ、今ではAmazonなどで購入することができます。

では電子書籍はどこで買うのかと言うと、「ストア」と呼ばれるネット上の書店のようなサイトで購入することになります。

そして、この「ストア」を運営している会社は複数あり、どの「ストア」で購入するかが超重要になってきます。

 

電子書籍はサービス(ストア)選びが超重要

紙の本を購入する場合、本そのものを自分の物にすることができるので、本そのものを紛失したり破損しない限りはずっと購入した本を読むことができます。

町の本屋で購入しようが、コンビニで購入しようが、Amazonで購入しようが、買ってしまえばどこで購入したかは関係ありません

一方、電子書籍を購入する場合、本のデータを自分のパソコンやスマートフォンにダウンロードして保存しているという形ではなく、購入したストアの自分のアカウントに保存されるような形になります。

言い換えると、電子書籍を購入することはストア上でその本を読む権利を購入するというような意味合いになり、A社で購入した本をB社のサービス上で読むことはできないです。

そのため、色々なストアで電子書籍を購入すると、あの本をどのストアで購入したか忘れた、みたいなめんどくさいことが起きるので、電子書籍を購入するのはある程度決まったサービス(ストア)にすることをおすすめします。

そうなると気になるのはどのサービス(ストア)で電子書籍を購入するかですが、詳しくは後ほど説明させていただきます。

 

電子書籍が紙の本より優れている点

ざっくり電子書籍がどういうものかを理解していただいたところで、電子書籍が紙の本に比べてどのような点が優れているかを紹介したいと思います。

 

無料の本も多く、基本的に安い

やっぱり一番気になるのは、電子書籍はお得なのかどうかですよね。

上の画像のように「Kindle版」と表記されている電子書籍の方が「コミックス」と表記されている紙の本よりも安く購入することができます

なぜなら、紙の本は物質として存在しているため、本そのものの費用がどうしてもかかってしまうからです。紙そのものの材料費、印刷費、運送費など、多くの費用が必要になります。

一方、電子書籍はデータなので、紙の本にかかる費用は一切かかりません。(作者の方などへのお金のみです)費用が少なく済むため、必然的に私たちユーザーが購入する際の金額も安くなっています。

ただ安いだけではなく、漫画であれば1巻から3巻まで無料だったり、著作権の切れた過去の名作(夏目漱石、宮沢賢治など)などは無料で読むことができます

ただし、中古本であれば電子書籍よりもさらに安いことが多いです。そのため、電子書籍の方が「基本的に」安いという表現になっています。

 

いつでもどこでもすぐに読める

個人的には安さよりも、いつでもどこでもすぐに読める便利さが電子書籍を利用している一番の理由となっています。

電子書籍を利用していない時は、よくこんなことがありました。

  • 久しぶりにあの漫画が読みたいけど、実家に置いてるから漫画喫茶行くか…
  • あの特集が載ってるあの雑誌が読みたいけどどこに置いたっけ…
  • 今日あの本の発売日だから読みたいけど、本屋はもうやってないしコンビニにも置いてない…

この全てが電子書籍であれば一切ありません

欲しい本はすぐに読めますし、買った本は自宅でも外出先でも読むことができます。一度購入してしまえば、自宅のパソコンでも読めますし外出先のスマートフォンでも読めます。

この便利さは紙の本にはない、電子書籍ならではの良さです。

 

売り切れがない

紙の本であれば欲しい本が売り切れになっているということもたまにあります。しかし、電子書籍であれば売り切れなんてことは絶対にありません

売り切れていて欲しい本が買えないなんてことは滅多にあることではありませんが、売り切れの可能性が一切ないのは地味に嬉しいです。

 

場所をとらない

紙の本、特に漫画や雑誌などは自宅の場所をかなりとってしまいます。

そのせいで本棚を新しく購入したり、古い本を捨てたりなんてことをする必要がありますが、電子書籍はデータがサイト上に存在するだけなので一切の場所をとりません。

本好きでたくさん本を購入する人であればあるほど、場所をとらない電子書籍の方が便利だと思います。

 

紛失・破損がない

紙の本あるあるとも言える、あの本どこに置いたっけ?が電子書籍であれば一切ありません。

また、コーヒーをこぼして汚してしまうことも、子供が遊んで破れてしまうこともないので、いつまでも新品のクオリティで本を読むことができます。

 

電子書籍が紙の本に劣っている点

ここまでは電子書籍の良いところを紹介させていただきましたが、もちろん良いところだけではありません。ここからは電子書籍が紙の本に劣っている点を紹介させていただきます。

電子書籍に興味がある方は、良い点と劣っている点を比較した上で利用するか決めるのが良いと思います。

ちなみに私は良い点の方が勝っていると感じるため、今では本を買うのはほぼ電子書籍のみとなっています。

 

貸借りができない

電子書籍はデータなので、紙の本のように貸借りを行うことはできません。そのため、この本面白いから貸すよ!みたいな友人とのやりとりができません。

個人的には、この貸借りができないことが電子書籍の一番の弱点だと思っています。

 

本を読んでいる感が薄い

今まで紙の本に慣れ親しんだ人であればあるほど、電子書籍だと本を読んでいる感が薄いかもしれません。

とはいえ、今やパソコンやスマートフォンで文字を読むことは普通になっていますし、Kindle端末などの電子書籍リーダーであれば電子ペーパーと呼ばれる技術で紙と同じような質感の画面になっているので、よほどのことがない限り気にならないと思います。

 

コレクション欲を満たせない

本の本来の楽しみ方ではありませんが、紙の本であれば本棚に自分の好きな本を並べてコレクション欲を満たすことができます。

電子書籍だと、購入した本はデータ上の本棚に並ぶことになるため、コレクション欲はそこまで満たすことはできません。

しかし、eBookJapanであればデータ上の本棚が背表紙で表示されるため、他の電子書籍よりはコレクション欲を満たすことができます。(詳細は後述)

 

欲しい本がない可能性がある

本の中には電子書籍が出版されている本とされていない本があります。最近の本はほとんど電子書籍でも出版されていますが、たまに電子書籍版がないということもあります。

私もたまに欲しい本が電子書籍版で出版されていないという事態に遭遇しますが、そういう時のみ紙の本を購入しています。

電子書籍を利用する際も、紙の本を一切買わなくてよくなるということは現状はあまりないと思うので、電子書籍があれば電子書籍を購入し、なければ紙の本を購入するのがおすすめのスタイルです。

 

サービス終了のリスクがある

ほぼないとは思いますが、絶対にないとは言えないのがこれです。

電子書籍サービスを運営している会社が倒産などして、サービス(ストア)が終了するリスクがあります。あまり現実的ではありませんが…

どうしてもこのリスクが気になる方は、Kindleを運営しているAmazonなど大手の会社の電子書籍を購入するのが良いと思います。

 

電子書籍リーダーっているの?どれが良いの?

電子書籍は良さそうだけど、スマートフォンやパソコン、タブレット端末で読めるなら電子書籍リーダーっているの?と思っている方に向けて、電子書籍リーダーの良い点とどの電子書籍リーダーがおすすめかを紹介したいと思います。

 

電子書籍リーダーとタブレット端末との違いを比較

電子書籍リーダーがスマートフォンに比べて本が読みやすく、パソコンに比べて持ち運びがしやすいということは言うまでもないと思うので、似たような大きさのタブレット端末との違いを説明させていただきます。

 

紙のような質感

電子書籍リーダーはアメリカのE inkという会社が開発した電子ペーパーと呼ばれる技術が採用されており、パソコンやスマホ、タブレット端末の明るい画面とは異なり、紙の本のような質感の画面になっています。

そのため、

  • 長時間の読書でも目が疲れにくい
  • 直射日光でも読書しやすい

といった特徴があります。触った感覚も少しザラザラとした感触があり、ちょっと気持ち良いです。

ちなみに以下は電子書籍リーダー「Kindle」とタブレット端末「Fireタブレット」の画面の違いを比較した写真です。

※左が「Kindle Paperwhite」で右が「Fire HD 8」

写真でも紙の本のような質感なのがわかると思います。

 

軽い

本を読む際、ほとんどの方が本を持って読むと思うのですが、その習慣を変えずに電子書籍も読めるのが電子書籍リーダーです。それを実現しているのが本体の軽さです。

商品によっても多少の違いはありますが、Amazonのタブレット端末と電子書籍リーダーを比較した場合、Fireタブレットが約400gであるのに対し、Kindleは半分の約200gとなっています。

そのため、Fireタブレットでは片手で本体を持って読書することは難しいのですが、Kindleであれば楽に片手で本体を持ち読書することができます。

約200gという重さはマンガや文庫本一冊の重量とほぼ同じなので、マンガや文庫本を片手で持つように本体を持つことが可能です。

 

バッテリーが長持ち

個人的にかなりありがたいと思っているのがこれです。電子書籍リーダーのKindleはバッテリーがかなり長持ちします。

Amazonの公式サイトによると、1日30分の使用で数週間使用できるとされています。

実際に私が使用していても、Fireタブレットやスマホではよくある「充電を忘れて使えない!」なんてことはないほどに、たまに充電するだけでかなりの期間使用できます。

 

どの電子書籍リーダーが良いか

本好きには必須のアイテム電子書籍リーダーですが、様々な会社から発売されており、どの電子書籍リーダーを買えば良いかわからないという方も多いと思います。

楽天の「KOBO」やソニー、東芝の電子書籍リーダーもありますが、現状、Amazonの「Kindle」以外の選択肢はありえないほど、「Kindle」が超おすすめです。

むしろ、「Kindle」にもスペックが異なる5種類の端末があるので、その中のどれを買うべきかを考えるべきです。

「Kindle」全5種類についての解説はKindle全5種の違いを比較|おすすめ機種や選び方を解説【2018年最新まとめ】に詳しく書いているので、是非そちらも読んでみてください。

 

電子書籍サービス(ストア)の選び方とおすすめサービス

度々書いていますが、電子書籍を買う際にはどのサービス(ストア)で購入するかが重要です。

その際に何を基準に選ぶかですが、

  • 販売されている電子書籍の数
  • ポイントや割引などの良さ
  • 付随するサービスの充実度

を考慮して選ぶことになります。

これらを踏まえて、おすすめのサービスを何個か紹介したいと思います。

 

基本的にはKindle一択

まずおすすめしたいのが、Amazonの「Kindle」です。

上で挙げた3つの要素、販売されている電子書籍の数、ポイントや割引などの良さ、付随するサービスの充実度、どれをとっても「Kindle」がもっとも優れています。

漫画を読みたい人も、小説を読みたい人も、ビジネス書を読みたい人も、雑誌を読みたい人も、電子書籍を購入するなら「Kindle」にすべきです。

「Kindle」は世界一のネット書店ということもあって電子書籍の充実度は群を抜いていますし、電子書籍リーダーの「Kindle端末」を使用すればかなり快適に読書を楽しむことができます。

さらに、「Kindle Unlimited」という電子書籍読み放題サービスがあり、17万冊の本が月額980円で読み放題となっており、さらに30日間は無料で利用することができます。

総合的には「Kindle」がダントツでおすすめですが、漫画を読みたい人に限り、他のサービスにしたり「Kindle」と他のサービスを併用するのもアリです。

漫画好きならeBookJapanもおすすめ

漫画が好きな人には「eBookJapan」もおすすめです。

「eBookJapan」の良いところは、

  • 本棚が背表紙でコレクション欲が満たされる
  • Kindleにはない古い漫画がある
  • お得なキャンペーンが豊富

の3つです。

まず1つ目の「本棚が背表紙でコレクション欲が満たされる」についてですが、下の画像のように、購入した電子書籍を実際の本棚に並べている感じで表示することができます

漫画好きにはたまらない機能だと思います。

 

2つ目の「Kindleにはない古い漫画がある」ですが、例えば往年の名作「三国志」などはKindle版にはなくeBookJapanでは販売されています。

↓こちらがAmazon。コミックス(紙の本)のみでKindle版はありません。

 

↓こちらがeBookJapan。販売されているのは全て電子書籍。

 

3つ目の「お得なキャンペーンが豊富」ですが、例えば↓これ

このキャンペーンのように、大人気漫画がお得に購入できる期間限定のキャンペーンを頻繁に行っているため、漫画をよく購入する人にはぴったりの電子書籍サービスです。

マンガアプリはとりあえずダウンロードしておくべき

漫画好きの人には各種マンガアプリもおすすめです。

マンガアプリのほとんどは1日に数話を無料で読むことができるというシステムなので、マンガアプリをたくさんダウンロードしておけば、1日にかなりの量のマンガを無料で読むことができます

ただ、マンガアプリは「Kindle」や「eBookJapan」などと比べラインナップが充実していないので、「Kindle」や「eBookJapan」と併用するのが良いと思います。

おすすめのマンガアプリについてはマンガアプリおすすめランキング|人気漫画が無料で読める!で詳しく紹介しているので、気になる方は是非読んでみてください。

 

まとめ

紙の本に比べてお得で便利な電子書籍。

多少のデメリットはあれどそれを上回るメリットがあるので、まだ利用したことがない人は是非利用を検討してみてください。

基本的にはAmazonの「Kindle」を利用して、漫画好きの人は「eBookJapan」やマンガアプリも併用するのがおすすめです!

電子書籍リーダーは必須ではありませんがあるとかなり快適に読書ができるので、余裕がある方は「Kindle端末」のどれかを購入するのが良いと思います!

人気記事

1

面白いソーシャルゲーム(ソシャゲ)の人気おすすめランキングです。 超人気の名作から2018年の最新作やリリース予定のアプリまで、無課金でも面白いスマホゲームアプリのみを厳選しました。 私はモンストやパ ...

2

Amazonは2017年11月8日に音楽聴き放題サービス「Music Unlimited」の提供を開始しました。 しかし、AmazonはAmazonプライム会員向け音楽聴き放題サービスとして「Prim ...

3

  Amazonが「Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)」のサービスを始めてから約1年半が経過しました。ネット上では読みたい本が「Kindle Unlimited」の ...

4

人気漫画を無料でたくさん読める、マンガアプリのおすすめランキングを紹介します! 作品数は多いけど無名マンガばかりでつまらない… 有名マンガが読めるけど全部有料… ということがないように、数あるマンガア ...

5

  動画配信サービス(VOD)で映画やドラマ、アニメが観たいけど、動画配信サービスがたくさんあってどれが良いかわからない… と思ってる方、多いのではないでしょうか。 そんな方に向けて、動画配 ...

-Kindle, Kindle本, 漫画

Copyright© WASENEE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.