漫画

面白い漫画おすすめランキング|完結済みの名作から2017年の新作まで

投稿日:

 

超面白い漫画のみを厳選したおすすめ漫画のランキングです。

2017年最新の話題作から完結済みの過去の名作まで、誰にでもおすすめできるような面白い漫画のみのランキングになっているので、気になる作品は是非読んでみてください!

面白い漫画が多すぎるので、ランキングは以下のジャンルごとにまとめています。

また、今回紹介するおすすめの漫画を無料で読める、人気のマンガアプリランキングも是非チェックしてみてください。アプリならすぐに読むことができます!

漫画アプリおすすめランキング|人気マンガが無料で読める!

漫画アプリのおすすめランキングを紹介します。 作品数は多いけど無名マンガばかりでつまらない… 有名マンガが読めるけど全部有料… ということがないように、数あるマンガアプリの中から 無料で多くの漫画が読 ...

続きを見る

目次

スポンサーリンク

面白い漫画おすすめランキング「総合」

1位 スラムダンク

神奈川県立湘北高校に入学した赤い髪の不良少年・桜木花道は、188㎝の長身と抜群の身体能力を見そめられ、バスケットボール部主将・赤木剛憲の妹である晴子にバスケット部への入部を薦められる。晴子に一目惚れした花道は、バスケットボールの全くの初心者であるにもかかわらず、彼女目当てに入部。その後、地道な練習や試合を通じて徐々にバスケットの面白さに目覚め、その才能の芽を急速に開花させる。湘北バスケ部には、監督である安西光義のもと、主将赤木剛憲と副主将の木暮公延らに加え、スーパールーキーといわれ流川楓らが加入。さらに、前年度のインターハイ県予選ベスト4である陵南高校との練習試合後には、暴力事件を起こして入院をしていた宮城リョータや、バスケ部から離れていた三井寿も復帰する。(引用:Wikipedia)

笑える、泣ける、熱くなれる。そんな、良い漫画として必要な要素を全て持った最高の漫画。これ以上の漫画は今後なかなか出てこないと思います。

私が特に好きなシーンは、山王戦の最後のシュートシーン。ダンクするのではなく、直前まで特訓し続けた普通のジャンプシュートで決めるってところに痺れました。あと、夜風に当たりに行くシーンも好き。

読んでない人はマジで一回読んでください。絶対面白いです。歌が良いアニメ版も最高。

アニメ版を見るなら U-NEXT
dTV

2位 ドラゴンボール

世界中に散らばった7つの玉を全てを集めると、どんな願いでも1つだけ叶えられるという秘宝・ドラゴンボールと、主人公・孫悟空(そん ごくう)を中心に展開する「冒険」「バトル」「友情」などを描いた長編漫画である。(引用:Wikipedia)

少年ジャンプの黄金期を担った看板作品。説明不要の超名作だと思います。

セル編以降は蛇足って言われることもありますが、セル編以降もめちゃくちゃ面白いです。

ただ、個人的に一番好きなのはフリーザ編です。フリーザがあと二段階も変身を残していると知った時の絶望感はやばかったです。

3位 ハンターハンター

くじら島に住む少年ゴン=フリークスは、幼少期に森で巨獣に襲われている所をハンターの青年・カイトに助けられた。ゴンはこの時、死んだと思われていた父親・ジンが生きており、優秀なハンターとして活躍していることを知る。ハンターという職業に憧れを抱くようになったゴンは、ハンター試験の受験を希望。ジンを快く思っていない里親・ミトの出した条件をクリアし、ハンター試験会場へと向かうべく故郷を旅立った。(引用:Wikipedia)

やっぱり富樫は天才だなと再認識させてくれる作品。漫画の中の設定というか世界観を創る力がずば抜けていると思います。

ワンピースの連載開始1年後から連載を開始したのに、今ではワンピースはこの作品の倍以上の巻数になっているほど、冨樫は休載しまくっています。

それでも冨樫がやる気を出して描いてくれることをファンが待ち続けている伝説的な漫画です。

4位 ヒカルの碁

主人公・進藤ヒカルは、運動好きで頭を使うことが嫌いなごく普通の小学校6年生。たまたまに祖父の家の倉を物色していた際、古い碁盤に血痕を見つけたヒカルは、その碁盤に宿っていた平安時代の天才棋士・藤原佐為(ふじわらのさい)の霊に取り憑かれる。囲碁のルールも、佐為がかつて憑いていた棋聖・本因坊秀策の強さも知らないヒカルは、「神の一手を極める」という彼の壮大な目標に付き合わされ、彼にせがまれるままに碁を打つことになる。(引用:Wikipedia)

読み返してる回数はダントツで一番です。なんとなく手にとってしまう中毒性を持ちつつ、全23巻のうちどこを手に取っても面白いのがその理由だと思います。

主人公のヒカルの成長が見てて気持ちよく、囲碁がわからない人でも楽しめる作品です。

ヒカルの碁を読んで囲碁のゲームを買ったのに、ルールが全然覚えられなかったのは私だけじゃないはず。

5位 めぞん一刻

非常に古い木造アパート「一刻館」に新しい管理人、音無響子がやってきた。5号室に住む浪人生の五代裕作は可憐な彼女に恋をする。うら若い未亡人の管理人と年下の下宿人、ふたりの淡い恋愛模様を中心に、個性的な人々が集う一刻館の賑やかな日常を描く。(引用:Wikipedia)

まずは何と言っても管理人さんがくそ可愛いです。マンガのヒロインの中で管理人さんほど可愛いヒロインはいないと思います。

特に最高なのがちょうどいいツンデレ具合。管理人さんと結婚したい。マジで。

他の登場人物も古き良きキャラクターって感じで魅力的。彼らが良い味出してて、ラブコメのコメディの部分を担っています。

アニメ版を見るなら Hulu

6位 ワンピース

シャンクスとの別れから10年後、修行を重ね17歳になったルフィは、海賊王を目指してフーシャ村を旅立つ。旅立ち直後にいきなり遭難したルフィは、海軍に入ることを夢見る少年コビーと出会う。ルフィは女海賊アルビダを倒し、コビーを海賊船の雑用係から解き放つ。ルフィとコビーは海軍基地の町「シェルズタウン」に到着する。「海賊狩り」の異名を持つ悪名高い賞金稼ぎロロノア・ゾロが海軍に捕らえられていることを知ったルフィは、海軍基地に乗り込み、ゾロを救い出す。三刀流の剣士ゾロは、圧政を振るう海軍大佐モーガンをルフィと共に倒し、ルフィの最初の仲間となる。二人はコビーと別れ、世界中の海賊が集まる海「偉大なる航路(グランドライン)」を目指す。(引用:Wikipedia)

みなさん知ってると思うので今更感がありますが、私が単行本を20年近く買い続けている唯一の漫画です。

今となってはアラサーのおっさんですが、可愛い子供の頃からずっと欠かさず買い続けています。それほどまでに安定して面白いです。

個人的にはイーストブルーの時が一番好きでした。ドン・クリーク編のサンジの「クソお世話になりました!」は最高に泣ける。

アニメ版を見るなら U-NEXT

7位 デスノート

警察庁刑事局長夜神総一郎の一人息子で現役で東応大学への進学間違いなしとされる秀才高校生の夜神月(やがみ ライト)はある日、通っている高校の敷地内で奇妙な黒いノートを拾う。それは死神・リュークが人間に拾わせ、どうなるかを見物するためにわざと落としたデスノートだった。ノートの所有権を得た月はリュークの姿が見えるようになり、ノートに課せられたルールを理解し様々な検証の上でその能力を確かめる。そして、自らの信じる『正義』を執行し、犯罪者の居ない新世界を実現するため世界中の犯罪者たちの名をノートに書き記して殺害していく。(引用:Wikipedia)

ノートに名前を書いたら死ぬという設定だけでここまで面白い話にする大場さんは天才だと思います。映画化もされるのも納得のストーリー。

そして、小畑さんの綺麗な画が話にとても合っていて、この二人が組んだからこその傑作だと思います。

ちなみに、個人的に一番好きなシーンは、ポテトチップスに仕込んだ小型テレビを使ってノートに名前を書くシーン。マジでなんとなくですが、なんか好き。

アニメ版を見るなら Hulu
U-NEXT
dTV

8位 ろくでなしBLUES

東京都武蔵野市の吉祥寺にある帝拳高校(建物のモデルは調布市にある東京都立神代高等学校)周辺を主な舞台とした、ヤンキー達による学園モノ漫画である。ギャグを所々にちりばめた短編と、他校の強敵とのバトルがメインの長編ストーリーの組み合わせによって構成されており、ボクシングも重要なテーマのひとつになっている。(引用:Wikipedia)

ヤンキー漫画の金字塔であり、これぞ男の青春と言えるような作品。

サブキャラ達との掛け合いはクスッと笑わせてくれ、本編は熱いストーリーで感動させてくれます。

主人公の太尊とヒロインの千秋との純愛も良いスパイスになっています。

9位 H2

大の親友であり、そしてライバルでもある国見比呂と橘英雄。2人はチームメイトの野田敦と共に中学野球で地区大会二連覇を果たすが、その後医師から比呂は肘、野田は腰にそれぞれ爆弾を持っていると診断されてしまい、野球を断念。英雄が野球の名門・明和一高に進んだのに対し、比呂と野田は野球部の無い千川高校に進み、それぞれサッカー、水泳に取り組むことにした。(引用:Wikipedia)

この漫画ほど辛すぎて切なすぎる作品はないと思います。

ヒロインが二人出てくるのですが、どちらかを選ばないといけなく、それに伴う心情を考えるととても切ないです。

ちなみに、H2に関しては個しく感想も書いてるので、興味がある方は是非そちらも読んでみてください。

【こんな切なすぎる漫画ある?】H2の感想。ネタバレなしとネタバレあり【あだち充の傑作】

自分が大好きなあだち充さんの作品の中でも1、2を争うほど好きなH2を久々に読み返したので、紹介を兼ねて感想を残したいと思います。あだち充作品はどの作品も完成度が高い漫画となっており、自分が特に好きなの ...

続きを見る

10位 カイジ

上京後、自堕落な日々を過ごしていた伊藤開司(カイジ)は、ある日、金融業者の遠藤により、かつて自分が保証人になっていた借金を押し付けられ、法外な利息により385万円にまで膨らんでいることを知らされる。遠藤に誘われるままカイジは、負債者に借金一括返済のチャンスを与えるという、フランス語で「希望」の名を冠すギャンブル船「エスポワール」に乗り込む。(引用:Wikipedia)

初めて読んだ時、限定ジャンケンの設定の説明だけでめちゃくちゃ面白いと感じたのを覚えています。

他のギャンブルの設定も面白く、最高な設定だからこそ生まれるストーリーも最高です。「ざわざわ」スタンプとかめっちゃ使います。

カイジは色々と種類が多い漫画なのでどれから読めば良いかわからない人向けに、カイジの読む順番と他のおすすめの福本作品もまとめています。

アニメ版を見るなら Hulu
U-NEXT
dTV
【カイジの読む順番】おすすめの面白い福本伸行作品の感想と読む順番

福本伸行さんの代表作「カイジ」シリーズ。めちゃくちゃ面白いのですが、まだ読んだことがないと、どれから読めば良いかわからない方も多いのではないでしょうか。 また、福本伸行さんはカイジ以外にもアカギ、銀と ...

続きを見る

2017年話題の最新人気マンガ

1位 やれたかも委員会

もしもあの時、勇気を出していたら… そんな誰もが心に秘めている忘れられない夜を犠星塾塾長 能島明、ミュージシャン パラディソ、そして財団法人ミックステープ代表 月満子が判定します。 「やれたかもしれない夜は人生の宝です。」

ネットで話題のあの作品が待望の電子書籍化。 note、cakesで発表された第1話~第8話を大幅加筆修正。さらに特別編「まるでクジラの胃袋のような長い廊下で」6pを描き下ろしで収録。(引用:Amaazon商品ページ

ネット上で超話題になり電子書籍化され、2018年の1月からはAbama TVでドラマ化されることも決まっているほどに話題の人気作。

内容は1話完結型で、毎話「もしかしたらあの夜、やれたかもしれない…」という思い出を持っている人たちが登場し、どのようなシチュエーションで「やれたかもしれない」と思ったかを話します。

誰もがあるようなそんな「やれたかもしれない」思い出が、リアルかつあるあるで、めちゃくちゃ面白いです。

2017年12月現在、Kindle版が1冊97円なので是非1巻だけでも読んでみてください。

2位 ゴールデンカムイ

日露戦争(明治37年)に従軍した元陸軍兵・杉元佐一は、戦死した親友・寅次の「妻の梅子の眼病を治してやりたい」という願いを叶えるため、一攫千金を夢見て北海道の地を踏み砂金を採っていた。ある日杉元は、アイヌが秘蔵していた八万円(現代の価値にして約8億円)相当の金塊の噂を耳にする。アイヌから金塊を奪った男・のっぺらぼうは、収監された網走刑務所の獄中で、同房の囚人たちの体に全員合わせてひとつとなる入れ墨を彫り、金塊の隠し場所の暗号にしたという。その後その囚人たちが脱獄したという話を聞きつけた杉元は、金塊探しを決意する。(引用:Wikipedia)

2015年度コミックナタリー大賞・第2位、このマンガがすごい!2016オトコ編・第2位、マンガ大賞2016大賞受賞と、最近の漫画関連の賞を受賞しまくっている作品。

実際、私も評価が高いということで読んでみたのですが、かなり面白いです。

王道のバトルマンガ風なのですが、舞台がアイヌということで個性も出ている漫画です。

 

3位 響〜小説家になる方法〜

出版不況に苦しむ文芸業界。現状の厳しさを嘆く文学誌「木蓮」編集部に、応募要項を一切無視した新人賞応募作が届く。破棄されるはずだったその作品に一人の編集者が目をとめたことから、世界は変わり始める。(引用:Wikipedia)

本を読むことだけが趣味の主人公が、小説家になり成長するサクセスストーリー。

題材が小説ということでお堅いイメージがあり最近まで手をつけていなかったのですが、「マンガ大賞2017」の1位を受賞したということで読んでみたらこれがかなり面白い!

個性的なキャラとテンポの良いストーリーが王道の漫画という感じで、とにかく1巻だけでも読んでみることをおすすめします。

 

4位 約束のネバーランド

孤児院・グレイス=フィールドハウスは、色々な孤児が集まるところ。孤児院のシスターである「ママ」と慕われるイザベラも、「きょうだいたち」にも血縁関係はないが、幸せに暮らしていた。そこでは、赤ん坊のころに預けられた子供を、特殊な勉強とテストにより育てあげ、6歳から12歳までの間に里親の元へと送り続けていた。

里親が見つかり、外の世界に出ることになったコニーが人形を置き忘れたため、主人公である身体能力に優れるエマと、知略に優れるノーマンはそれを届けることにした。しかし二人は、近づくことを禁じられていた「門」でコニーが食肉として出荷される瞬間を目撃する。そこから「鬼」の存在を知った二人は、リアリストで博識なレイのほか、ドン、ギルダを仲間に引き入れ、ハウスからの脱獄計画をスタートさせる。(引用:Wikipedia)

2018年の「このマンガがすごい!オトコ編」で1位を獲得した作品。

マンガ通の方々がこぞって大絶賛しており、世間の評価もかなり高い超注目作です。

「人間」対「外的生物」という設定は「進撃の巨人」や「テラフォーマーズ」などと似ていますが、やっぱりこの設定というか構図は面白い。

5位 アルスラーン戦記

大陸公路の中心で栄華を極めた国家、パルス王国のき王太子アルスラーンは14歳になり、侵攻してきたルシタニアとの戦争で初陣に臨む。しかし無敗を誇っていたパルス軍は、不可解な霧の発生やパルス万騎長カーラーンの裏切りに遭って総崩れし、多くの万騎長が戦死(第一次アトロパテネ会戦)。ルシタニアはパルス王都エクバターナも陥落させる。

九死に一生を得たアルスラーンは武将ダリューンと共に落ち延び、知略家ナルサスとその侍童エラムを仲間に加える。一行は反撃の拠点として、歴戦の将たるキシュワードとバフマンが防備を固める、東の国境ペシャワール城塞を目指すことになる。(引用:Wikipedia)

「鋼の錬金術士」や「銀の匙 Silver Spoon」など、次々とヒット作を生み出している「荒川弘」さんの新作。

さすがの画力でとても読みやすく、原作は別の方担当ということあって今までの作品とはちょっと違ったストーリーとなっています。

安定感あるマンガなので、どんな方にもおすすめです。

 

10巻以内完結の気軽に読める短編マンガ

1位 レベルE

高校進学に伴って山形で一人暮らしを始めることになった筒井雪隆は、引っ越したその日に自分より先に自分の部屋で勝手に生活している自称宇宙人の男に出会う。追い出そうとする雪隆だが、男に言いくるめられ、結局彼を同居させた上、宇宙人であることも認めざるを得なくなってしまう。落ち着く間もなく雪隆の周りに男をめぐって、人間の宇宙人研究機関員、宇宙からやって来た男を王子と呼ぶ護衛達、さらには山形周辺を縄張りとする好戦的な宇宙戦闘民族ディスクン星人まで動き出し、風雲急を告げ始める。しかし雪隆達の不安をよそに、当の本人は全く緊迫感無く悠々とショッピングを楽しんでいた。(引用:Wikipedia)

天才冨樫の短編漫画。 冨樫らしく設定とストーリーが秀逸で、3巻までと短い作品であるにも関わらず内容はかなり濃いです。

幽遊白書やハンターハンターとはまた違った冨樫を楽しめる作品なので、その2つは読んでいてこの作品はまだ読んでいないという人は是非読んでみてください。

2位 寄生獣

ある日突然、空から人知れず多数の正体不明の生物が飛来する。その生物は鼻腔や耳介から人間の頭に侵入し、脳を含めた頭部全体と置き換わる形で寄生して全身を支配し、超人的な戦闘能力で他の人間を捕食するという性質を持っていた。寄生後の頭部はもはや人間の物ではないが、自在に変形して人間そっくりに擬態する。彼ら「パラサイト(寄生生物)」は高い学習能力で急速に知識や言葉を獲得し、人間社会に紛れ込んでいった。(引用:Wikipedia)

こちらも映画にもなっている超有名作。

正直、絵にあまり惹かれなかったのでずっと知ってはいても読んでなかったのですが、読んでみたらストーリーが秀逸で全10巻という少なさもあって一気に読んでしまいました

作者の岩明均さんは独特の世界観を持っており、現在連載中のヒストリエもかなり面白いです。

 

3位 バジリスク

江戸の世、天下人・徳川家康は甲賀(こうが)と伊賀(いが)という忍法の二大宗家を相争わせ、十人対十人の忍法殺戮(さつりく)合戦の結果どちらが生き残るかによって、三代将軍の世継ぎ問題を解決させることにした。だが憎み合う両家にあってそれぞれの跡取り、甲賀弦之介(げんのすけ)と伊賀の朧(おぼろ)は深く愛し合っていた――。時代に翻弄(ほんろう)される忍術使いたちのあまりにも過酷な運命の幕が上がる!!(引用:Amazon商品ページ

パチスロをする方なら誰しもが知ってるであろう、バジリスクの原作マンガです。

全5巻と短いながら中身の詰まった作品で、甲賀と伊賀の忍法合戦はとても熱くなります

そして、バジリスクと言えばやはりラストシーン。パチスロではフリーズで見れるあの感動を是非漫画でも味わってください。

 

4位 モテキ

三十路間近のモテない草食系男子の派遣社員・藤本幸世は、ある日突然知り合いの女の子から次々と連絡が入り、いわゆる「モテ期」が始まる。これまでモテ期の来なかった藤本は、焦りながらも女の子とコンサートに行ったり水族館に行ったりと、無我夢中でデートやイベントをこなしていくが……。(引用:Wikipedia)

テレビドラマ化や映画化もされている超有名作。

主人公のモテっぷりはあまりにも羨ましく、是非自分にもモテ期がきて欲しいと切に願っています。

全4.5巻(本編は4巻まで)と一気に読めます。

 

5位 かくかくしかじか

林明子は、宮崎県の片隅で伸び伸びと育ち、自分は絵の天才だと思い込みながら少女漫画家になることを夢見ていた。 高校生のころ「美術大学に進学し、在学中に漫画家としてデビューする」という計画を立て、高校3年で日高絵画教室の美大進学コースに入る。 しかし、講師であり自らも画家の日高健三に今までの自信と天才との思い込みを粉々に打ち砕かれ、待っていたのは竹刀とアイアンクローのスパルタ指導。 そして、厳しくも優しい恩師・日高先生と、調子者のミラクルガール・明子が、ときに反発しながら二人三脚で美大合格を目指す。(引用:Wikipedia)

作者の「東村アキコ」さんの半生を自らが描いた自伝エッセイ漫画

等身大の主人公の姿に思わず感情移入してしまい、全5巻と短いながらもどっぷりと「かくかくしかじか」の世界観に浸れます。

 

面白い漫画おすすめランキング「ラブコメ」

1位 I"s(アイズ)

私立湾田高校に通う高校2年生瀬戸一貴は同じクラスの葦月伊織に1年生の頃から恋心を抱いていた。そんな彼に葦月と二人で「新入生ようこそパーティ」の実行委員をやるという幸運が訪れる。徐々に葦月と打ち解けてきた頃、突然に彼を想う幼馴染み秋葉いつきが現れる。「葦月への想い」と「いつきの想い」の間で一貴は揺れ動く事となった。(引用:Wikipedia)

有名な話ですが、桂さんの描くパンツというかおしりはヤバいです。おしりがあれほどまでにエロいものなのかと、思春期にこの作品に出会って初めて知りました。この漫画のせいで、おっぱいよりもお尻が好きになってしまいました

もちろんおしりだけじゃなく、伊織ちゃんは可愛いし寺谷は面白いしで、ラブコメとしても一級品。ジャンプ黄金期を支えた少年なら誰しもが好きになる名作です。

2位 タッチ

上杉達也、上杉和也は一卵性双生児。スポーツにも勉強にも真剣に取り組む弟の和也に対して、何事にもいい加減な兄の達也。そして隣に住む同い年の浅倉南。3人は小さい時から一緒に行動している、いわば幼馴染だった。そしてお互いがお互いを異性として意識し始める。物語のスタート時、3人は中学3年生である。3人は微妙な三角関係のまま同じ高校へ進む。(引用:Wikipedia)

有名な曲とドラマなどの影響で、この作品を知らない人はなかなかいないと思います。しかし、きちんと読んだことがない人は結構いるのではないでしょうか(自分は最近までそうでした)。

で読んでみると、これがめちゃくちゃ面白かったです。ちょっと古い作品ですが、全然関係ないです。名作。私はタッチを読んでからあだち充さんの漫画にはまり、あだち充さんの作品はほとんど全部読みました。

あだち充さんの漫画はどれも名作ばかりなので、おすすめのあだち充漫画だけでランキングも作っています。

 

3位 いちご100%

中学3年生の真中淳平はある日の放課後、校舎の屋上に出ようと扉をあけると、頭上からいきなり目の前に女の子が飛び降りてきた。着地に失敗して倒れ込んだ女の子のスカートは捲れあがり「いちごのパンツ」が露出。慌てて起きあがった女の子は夕日に映える美貌の持ち主で、真中は一瞬で心を奪われる。制服を着用していることから同校の生徒である確証はあるのだが、驚いて逃げるように立ち去ってしまった美少女に心当たりはない。唯一の手掛かりは屋上に落ちていた東城綾と名前の書かれた一冊のノート。(引用:Wikipedia)

ハーレム漫画のお手本とも言えるほどに、ハーレム感ある作品。

ラストシーンはかなりの賛否両論があります。

どの娘とくっつくかのネタバレはしませんが、私は断然西野つかさ推しでした。

 

4位 BOYS BE・・・

基本的に登場人物や舞台(学校)がエピソード毎に変動し完結するオムニバス方式の作品であり、主にへたれな男子高校生・中学生の主人公が日常生活においてクラスメイトや幼馴染など身近にいる女性を恋愛対象と意識するようになり、痴話喧嘩やすれ違いを経て恋仲として親交を深めていく様を、女性の心理描写を交えながら主人公の目線で繰り広げるストーリーとなっている。殆どのエピソードがハッピーエンドとなっているが、これは連載初期にバッドエンドのストーリーを混ぜたところ、読者アンケートの得票数が下がったため、基本的にハッピーエンドとする方針になったことによる。しかしながら現実には作中のように上手く恋愛成就しないとの評も1997年に発行された公式ガイドブックやマガジンCDブックのライナーノーツで触れられている。(引用:Wikipedia)

ラブコメ漫画の多くは長編漫画で主人公に感情移入をしてどの娘とくっつくかを楽しむのが相場ですが、この漫画は短編集の形式をとっています。

そのため、めちゃくちゃ感情移入するということはありませんが、数々のラブストーリーはどこか懐かしく胸がキュンとします。

 

5位 涼風

広島県に住む少年・秋月大和は、中学卒業を機に目的もなく東京の高校への進学を決めて単身上京する。叔母の営む銭湯付きの女性専用マンションの一室に住みはじめる。入学直前の学校を訪れた大和がそこで出会ったのは、高跳びをする綺麗な女の子だった。(引用:Wikipedia)

少年漫画らしかなぬ丁寧な心理描写と、見やすく綺麗な画が魅力のラブコメ漫画

綺麗で可愛いヒロインはとても魅力的ですが、ちょっとストーリーは賛否が分かれる気もします。私は結構好きです。

 

面白い漫画おすすめランキング「バトル」

1位 幽遊白書

主人公の浦飯幽助は、車に轢かれそうになっていた子供を助けたが、死んでしまう。しかし、幽助の死は霊界にとって予想外の出来事であったため、幽助は生き返るための試練を受ける。(引用:Wikipedia)

天才富樫の代表作。同じ冨樫の代表作であるハンターハンターよりもエグかったり、グロいシーンが多いですが、さすが冨樫作品とだけあって、めちゃくちゃ面白いです。

小さい頃主要キャラの飛影に憧れて、邪王炎殺黒龍波ごっこをよくしていたのは良い思い出。

アニメ版を見るなら dTV

2位 食戟のソーマ

下町の定食屋の息子・幸平創真は、家業を手伝いながら、父・幸平城一郎を越えるべく料理修業に励む日々を過ごしていた。ところが、中学校卒業後は家業を継ごうと考えていた創真をよそに、城一郎は店を数年閉めると宣言して海外に渡る。城一郎の命により、超名門料理学校「遠月茶寮料理學園」の高等部に入学した創真は、持ち前の料理のノウハウを駆使して料理人として成長していく。(引用:Wikipedia)

料理を題材としている漫画は多くありますが、その中でも王道のバトル漫画テイストなのがこの作品。

天才なのにどこか抜けている主人公や十傑と呼ばれる十人の強敵達など、漫画ではよくある感じではありますが、それがうまくハマっていて面白い。

似たような作品として「トリコ」がありますが、個人的には断然「食戟のソーマ」派です。

3位 ジョジョの奇妙な冒険

ジョースター一族と、邪悪な吸血鬼と化したディオやその後継者達が、2世紀以上に渡って繰り広げる戦いを描く大河群像劇である。単独の人物を主人公としておらず、主人公が変わるごとに「第○部(○部分に数字)」と部数が進み、作品のサブタイトルも変わる形式を採用している。主人公が変わるだけでなく、作品の舞台やテーマも各部ごとに変化している。(引用:Wikipedia)

現在第8部まで続いており(2017年現在)、各部によって舞台や主人公が異なる作品。私は第4部が一番好きなのですが、人によって好きな部が異なるほど、どの話も面白いです。

画に癖があり、とっつきづらい側面もありますが、読んでみるとそれ以上にストーリーが面白く、ジョジョ立ちという言葉ができるほど熱狂的なファンも多い作品です。

1部と2部は個人的にはそんなに面白くなかったので、3部から読み始めることをおすすめします。ハマったら1部と2部も読めばOKです。

アニメ版を見るなら Hulu

4位 蒼天の拳

197X年…第63代北斗神拳伝承者・リュウケン(旧名・霞羅門)は、待望の男児を授かった。リュウケンはこの男児に、兄と同じ「ケンシロウ」という名を付け、蒼天のように奔放で快活だった兄の話をいつか聞かせようと語りかけながら、過去に思いを馳せる。

時は遡り、1935年頃の日本。女子大で教師をしていた、第62代北斗神拳伝承者・霞拳志郎を、李永健という老人がはるばる中国から訪ねてきた。久々の再会を喜び合う2人だったが、李がやってきた目的は、拳志郎の朋友である潘光琳率いる「青幇」が壊滅したこと、そして拳志郎の恋人の玉玲が殺されてしまったことを伝えるためだった。(引用:Wikipedia)

「北斗の拳」で有名な原哲夫さんの代表作の1つです。

主人公は「北斗の拳」と同じ「ケンシロウ」という名前で「北斗の拳」の「ケンシロウ」は寡黙な性格ですが、「蒼天の拳」の「ケンシロウ」は俺様な性格。

より大人向けな「北斗の拳」というようなイメージで、「北斗の拳」が好きな人はもちろんですが、大人向けなハードボイルド漫画を読みたい人にもおすすめできる作品です。私は「北斗の拳」よりも「蒼天の拳」派。

今なら「マンガほっと」で読めます!

マンガほっと

マンガほっと
無料
posted with アプリーチ

5位 YAIBA

ジャングル育ちの少年・鉄刃は、修行中に父の剣十郎と共に偶然が重なって(アニメでは意図的に)日本にたどり着いてしまい、剣十郎の親友の峯家に居候することになる。峯家の娘のさやかと同じ中学校には同級生の鬼丸がおり、刃と鬼丸は死闘を繰り広げるが、ある日、鬼丸は先祖より伝わる風神剣を手にし、鬼に変貌してしまう。かくして、刃と鬼丸、そして、さまざまな敵たちとの死闘が始まった。(引用:Wikipedia)

名探偵コナンで有名な青山剛昌さんの作品です。

名探偵コナンもかなり面白いですが、個人的にはちょっと長いなと思っているので、私はこのYAIBAの方がわかりやすくて好き。

必殺技がどれも魅力的で、小さい頃はよく真似をして遊んでしました。

 

面白い漫画おすすめランキング「野球」

1位 ダイヤのA

統合により廃校が決まった母校・赤城中学の名を残すため野球好きの少年・沢村栄純は同級生たちと共に中学制覇を目指す。だが、沢村の暴投により一回戦敗退が決まる。その試合をたまたま見に来ていた高校野球の西東京地区名門・青道高校のスカウト高島礼は沢村の持つ天性の素質を見抜き、彼をスポーツ推薦枠で招き入れたいと申し出る。青道高校を見学に訪れた沢村は天才捕手御幸一也と出会い、地元の仲間たちからも強く後押しされ上京を決意する。青道に入学した沢村は同じ一年生の降谷暁が投じた球のスピードを目にして度肝を抜かれる。(引用:Wikipedia)

これぞ王道の熱血スポ根野球漫画と呼べるような作品。

ストーリーはわかりやすく、登場人物はみな魅力的、そのうえ、主人公がどんどん成長していく姿は読んでいてとても気持ちがいいです。 私が特に好きな登場人物は主人公の沢村で、色々と不器用なのにバントだけ異常に上手いというのがツボです。

アニメ版を見るなら Hulu
U-NEXT
“"dTV

2位 ドカベン

神奈川県の明訓高校野球部に所属する主人公の「ドカベン」こと山田太郎と、同級生でチームメイトの岩鬼正美、殿馬一人、里中智、微笑三太郎などの仲間達を中心とした野球漫画。主な舞台は高校野球である。(引用:Wikipedia)

野球マンガを語る上で、この作品は欠かせないと思います。ドカベンの面白さは、なんといっても魅力的なキャラクターがめちゃくちゃ多いことです。

主人公のドカベンこと山田太郎がいる明訓高校のチームメイトはもちろん、敵チームもみんな魅力的なキャラクターばかりなので、どの試合も熱くて面白いです。

個人的にはドカベンのチームメイトのの岩鬼と殿馬が好きです。 ちなみにドカベンの1巻の表紙でみんなが柔道着を着ているのは、初期は柔道漫画で後から野球漫画にシフトしていったからという理由があります。

3位 キャプテン

野球の名門青葉学院から墨谷二中に転校してきた主人公・谷口タカオは、野球部へ入部するためにグラウンドを訪れ、練習に参加しようと青葉時代のユニフォームに着替えた。そのユニフォームに気付いた野球部員は、勝手に谷口を名門青葉のレギュラー選手だったと思いこんでしまう。しかし実際は、谷口は2軍の補欠でレギュラーにはほど遠い選手だった。そのことを気が弱くて言い出せない谷口は、周囲の期待に応えるべくすさまじい陰の努力を続け、ついにはキャプテンに選ばれるまでになり、チームを引っ張っていく。(引用:Wikipedia)

他の野球マンガの主人公は超上手かったり、最初は上手くはないけど才能がめちゃくちゃあるっていうのが多いけど、この作品の主人公は下手で才能もなくて華もないけど努力で人間性含め成長していくストーリーです。

そんなところが等身大の野球漫画という感じがして面白いです。続編的なスピンオフ作品の「プレイボール」もかなり面白い。

 

4位 MAJOR

主人公である茂野吾郎の半生を描いた作品で、彼の成長とともに所属するチームを情熱で突き動かし、チームが一丸となって目標に向かって前進していくのが、本作の基本的なスタイルである。

「友情」や「努力」といった少年漫画として普遍的なテーマを扱いながらも、それにより主人公や家族が不幸になることはないという、『サンデー』の独自性が出た作品として「家族」「逆境」もまた、本作の重要なテーマになっている。「逆境」は乗り越えられる主要テーマの一種であるため、吾郎の入団するチームは何かしらの問題を抱えた弱小チームであることが多い。(引用:Wikipedia)

名前の通り、メジャーまでの道のりを描いたマンガです。小学生編からメジャー編まで70巻以上あるので、読むのにはそれなりの心構えが必要です。自分が一番好きなのは高校編の夢島と呼ばれる島で特殊な練習に励む部分です。

特に、名脇役の草野が登場してドヤりながら外野の難しさについて語っているのに、主人公の吾郎が慣れない外野でも上手くプレーできちゃうシーンが、草野の名脇役感がふんだんに出ていて好きです。

 

5位 ラストイニング

インチキセールスマンとして生計を立てていた鳩ヶ谷圭輔。だが勤めていた会社が薬事法違反及び詐欺容疑で取り調べられ、その際に上司に責任を被せられて一人、留置所で勾留される事となってしまった。その頃、夏の甲子園予選で彩珠学院高校が初戦敗退という結果で短い夏を終える。彩学は36年前の甲子園で初出場初優勝を果たし、名門と呼ばれていた時期もある高校だったが、その野球部も今では弱小と化しており、学園の経営も悪化の一途を辿っていた。(引用:Wikipedia)

この作品の特筆すべき点は、選手が主人公ではなく監督が主人公という部分です。

監督の視点で弱小高校をいかにして甲子園に連れて行くかが描かれています。王道の熱血スポ根野球漫画と違い、リアルで大人向けの野球漫画となっています。

 

 面白い漫画おすすめランキング「サッカー」

1位 俺たちのフィールド

サッカー好きの少年・高杉和也は、日本リーグのスター選手である父・貫一と、いつか国立競技場で一緒にプレーすることを夢見ながら、幼馴染の森口愛子や転校生の騎場拓馬と共に、少年クラブでサッカーに打ち込んでいた。だが貫一が交通事故によって、帰らぬ人となると和也は父を失った失意からサッカーを止めてしまう。しかし高校2年になったある日、和也の前に一人の男が現れた事で再びサッカーを対峙する事となる。(引用:Wikipedia)

自分の中でのNo.1サッカー漫画はこの作品です。

各キャラクターの人物像やストーリーも丁寧に描いていて、サッカーをテーマとしつつも色々なドラマがある深い作品。Jリーグ発足の時期で、その前後でのストーリーなど、サッカーの試合以外の部分もとても面白いです。

個人的に一番印象的なのは、主人公のライバルキャラクターであるダミアンの圧倒的な強さ。絶対ファールだろっていうくらい手を使ってのフィジカルの強さはやばいです。

 

2位 ホイッスル!

主人公・風祭将はサッカーが大好きな中学生。夢はJリーガーとなり、世界でプレーすること。サッカーの名門である武蔵森学園中等部に通っていたが、背が低いという理由で3軍に回され、練習に参加することも許されなかった。サッカーをしたい一心で桜上水中学校に転校するも、武蔵森のレギュラーが来たと誤解されて恥をかき、一度は姿を消す。しかし、桜上水の水野やシゲ、不破といった仲間たちと切磋琢磨する中で、サッカー選手としても人間としても成長していく。(引用:Wikipedia)

いわゆるスポ根サッカー漫画の決定版

学生が主人公のスポ根サッカー漫画はめちゃくちゃ多いけど、個人的にはこの作品が一番好きです。作者が女性(ペンネームは男性名義)ということで、線が細くて綺麗な画なのが良いです。

王道のサッカー漫画を読みたくてどの作品を読むか困っている人には、是非この作品をおすすめしたいです。

3位 ジャイアントキリング

リーグジャパンフットボール1部所属のプロサッカーチーム・ETUは、かつては日本代表のスター選手・達海猛を擁する人気チームだった。しかし達海がプレミアリーグに移籍すると人気も実力も一気に低迷し2部へ陥落、達海自身もプレミアデビュー戦で再起不能の重傷を負い、そのまま消息を絶ってしまう。それから10年、1部リーグへは返り咲いたものの毎年残留争いを繰り広げる弱小クラブに甘んじるETUは、起死回生の策として達海を監督に迎えることを決定。(引用:Wikipedia)

この作品は主人公が監督という、ちょっと変わったサッカー漫画。

監督視点でサッカーの面白さや奥深さがわかるので、よくあるスポ根サッカー漫画には飽きた方にめちゃくちゃおすすめです。

 

4位 キャプテン翼

南葛小に転入した天才サッカー少年・大空翼は修哲小の天才キーパー・若林源三と出会う。二人は両校の対抗戦において勝負を決することになり、翼は石崎了と共にプロ選手のロベルト本郷から指導を受ける。試合は南葛が強豪の修哲を相手に粘り強い攻防を繰り広げ延長戦に持ち込むと、転校生の岬太郎も加わり引き分ける。試合後、翼はロベルトから勧誘を受ブラジルへの留学を決心すると、その条件として全国大会優勝を誓う。(引用:Wikipedia)

海外のトッププレイヤー(ジダン、トッティなど)にもファンが多い、言わずと知れた超有名なサッカー漫画。

非現実的なありえない特技とかが色々出てきます。ネタにもよくされるけど、それはそれとして見れば単純に面白いです。サッカーに詳しくない人にもおすすめできる王道漫画。

ちなみに、自分が一番好きな登場人物は日向小次郎で、ストイックさと強引なプレイスタイルが好き。

 

5位 フットボールネーション

「脚のきれいな選手求む!!」という奇妙な選手募集広告を出す東京クルセイドの取材に出かけた女性カメラマン・緒形紫は、そこで恐るべきサッカーセンスを持つ1人の少年・沖千尋に出会う。本気で天皇杯を獲りに行くと宣言する東京クルセイドの監督と、複雑な過去を持つ沖は互いに惹かれ合い、天皇杯本選に向けての道を歩み始めた。(引用:Wikipedia)

この漫画は普通のサッカー漫画に飽きた人におすすめのちょっと異色なサッカー漫画です。

よくあるスポ根的な感じの作品ではなく、サッカーの理論が随所に出てきて思わずへ〜そうなんだと思うことが多いです。サッカー好きな人には是非一度読んでいただきたい作品。

 

面白い漫画おすすめランキング「その他スポーツ」

1位 ライジングインパクト

小学生の主人公ガウェインがゴルフにのめり込み、最初のライバル・ランスロットと共に世界の強豪たちと競い合い、上達していく話。(引用:Wikipedia)

ゴルフという少年漫画では珍しいスポーツを題材としつつも、王道の少年漫画としての要素が詰まった漫画

ライバルがいて挫折もあるけど、それを乗り越えて主人公が成長していく姿を見るのが面白いです。

2位 はじめの一歩

母子家庭のいじめられっ子であり、釣り船屋を親子で支えている主人公・幕之内一歩が、プロボクサー鷹村守との出会いをきっかけに鴨川ボクシングジムに入門。「強いとは何か?」という問いの答えを求め、プロボクサーとして、また人間としても成長していく過程を、周囲との交流やライバル達との戦いを通じて描いてゆく。(引用:Wikipedia)

ボクシングを題材としたかなりの長寿漫画。出て来るボクサー全員が個性的で、それぞれのボクシングに対する姿勢や背景も丁寧に描かれているため、感情移入がしやすくなっています。

試合の合間のギャグ回もかなり面白いです。むしろ個人的にはそっちの方が好き。

アニメ版を見るなら Hulu
U-NEXT
dTV

3位 ラフ

埼玉県の私立栄泉高校水泳部に所属する大和圭介と二ノ宮亜美。2人の実家はともに和菓子屋で、祖父の代からライバル同士であった。最初は仲が良くない2人だったが、様々な出来事を経て、次第に惹かれ合っていく。(引用:Wikipedia)

この作品は水泳が題材。あだち充作品の中で一番という人も少なくなく、非常にバランスが良いのが本作の特徴です。特に友情という観点ではこの作品が一番だと思います。話自体も長すぎず、うまくまとまっています。

自分がこの作品の中で特に好きな点は、最初ヒロインと主人公の関係が悪いところ。ベタっちゃベタですが、そこから徐々に惹かれあっていくのがとても良いです。

4位 弱虫ペダル

千葉県立総北高等学校の新入生・小野田坂道はアニメやゲーム、漫画や秋葉原を愛するオタク少年。中学時代にオタクの友達ができなかった彼は、高校こそは友達を作るためアニメ・漫画研究部に入ろうとするが、部員数減少のため活動休止中であると知り、活動再開に必要な部員数を集めようと思い立つものの、部員は簡単には集まらなかった。

そんなとき坂道は、同級生の今泉俊輔から自転車レースを挑まれる。中学時代に自転車競技で活躍していた今泉にとって、学校裏の斜度20%以上の激坂をママチャリで、しかも歌いながら登坂する坂道は“信じがたい光景”であった。「坂道が勝てばアニ研部に入っても良い」と今泉に言われ、勝負を受けた坂道だが、あと一歩のところで惜敗する。それから数日後、坂道は関西から引っ越してきたばかりの少年・鳴子章吉と友人になる。鳴子は中学時代に自転車競技で活躍しており、ひょんなことから坂道はその実力を知ることになる。(引用:Wikipedia)

かなり珍しい競技自転車のスポーツ漫画。

絵の感じがあまり好みではなかったのでずっと手を出さずにいたのですが、いざ見てみたらかなり面白く40冊以上を一気に漫画喫茶で読みました。

競技自転車の世界が新しくも、ストーリーは少年漫画らしいわかりやすいストーリーで万人受けする名作です。

 

5位 ボールルームへようこそ

将来の夢も趣味もなく、無気力に日々を過ごしていた中学生・富士田多々良は、カツアゲに遭ったところをプロダンサー・仙石要に助けられたことで、偶然にも社交ダンスと出会う。

「何か一つでいい、好きだと言えるものがあれば」と考えた多々良は今の自分を変えるため社交ダンスの世界へ飛び込む。

仙石の指導下に入った多々良は、自分と同じく「将来の夢も趣味もない」と思っていた同級生・花岡雫が、そこでダンスを学ぶ、アマチュアランキング一位のダンサーであり、プロダンサーを目指す情熱を持っていることを知る。(引用:Wikipedia)

こちらは「弱虫ペダル」の競技自転車よりもさらに珍しい社交ダンスの漫画。

「弱虫ペダル」もそうですが「ボールルームへようこそ」も、気の弱い主人公がどんどんと成長していくストーリーが見ていて気持ち良いです。

 

面白い漫画おすすめランキング「SF」

1位 テラフォーマーズ

本作では約600年後の地球を舞台としているが、人々の生活は21世紀ごろから大きく変わっていない。技術の革新が(一部を除いて)長い間起きていないため、人口増加や資源の枯渇、貧富の格差などに多くの国が問題を抱えている。

西暦2599年、火星のゴキブリを駆除・清掃するために地球を発った宇宙船・バグズ2号の乗組員15名は、火星にて異常進化を遂げたゴキブリ「テラフォーマー」の襲撃に遭う。乗組員達は「火星の厳しい環境下での任務遂行」の名目で受けさせられた「バグズ手術」によって昆虫人間へと変身し対抗を試みるが、数で勝るテラフォーマーの想像以上の力を前に、仲間を失っていく。さらにテラフォーマーの力を独占しようとする者達の思惑に翻弄され、遂に小町小吉と蛭間一郎の2名を残してメンバーは全滅するが、辛うじて2人は火星を脱出する。(引用:Wikipedia)

とにかくわかりやすい王道のSFバトル漫画。

登場人物はそれぞれ異なる特殊能力を持ち強さのランキングが存在するというのが、王道のバトル漫画らしくワクワクするしわかりやすいです。

「進撃の巨人」や「亜人」など、「人間」VS「特殊な生物」という構図の漫画が流行っている中、それ系の漫画では個人的に一番好きなのがこの作品です。

2位 進撃の巨人

城郭都市の外縁地区ウォール・マリア南端より突出した(甕城)シガンシナ区で生活する少年エレン・イェーガーは、医者の父グリシャと専業主婦の母カルラ、そしてイェーガー家に引き取られた幼馴染ミカサ・アッカーマンと一緒に暮らしていた。壁の外の世界に憧れるエレンは壁外調査へ出られる調査兵団に入団しようとしていたが、巨人と直に接触する死亡率の高さからカルラやミカサには反対され、同じく壁外の世界を夢見る幼馴染アルミン・アルレルトとしか話し合えなかった。

エレンが10歳となった845年。突如現れた、壁を超える巨体を持つ「超大型巨人」によってシガンシナ区の扉が破られ、巨人が壁内に侵入する。全身が堅い外皮に覆われた「鎧の巨人」によって遮断不能となったウォール・マリアは放棄され、人類の活動領域はウォール・ローゼまで後退することになった。目前で母カルラを巨人の一体に捕食され、家、夢、全てを奪われたエレンは巨人への復讐を決意し、ミカサ、アルミンと共に「第104期訓練兵団」に入団する。(引用:Wikipedia)

大ブームとなった「進撃の巨人」。当然、内容も面白いです。

特に序盤は人類・壁・巨人の設定から、どんどん引き込まれていきます

個人的に画はちょっと好みではないですし、最近はちょっと間延びしている感じがしますが、それでもかなり面白いです。

 

3位 ガンツ

ある日、玄野計は地下鉄のホームで小学生時代の親友だった加藤勝を見かける。正義感の強い加藤は線路上に落ちた酔っ払いを助けようとするが1人では抱え上げられず玄野に手伝いを求める。2人はホームに戻り損ね、線路に進入してきた電車に轢かれて死んでしまう。次の瞬間、彼らはマンションの一室にいた。そこには同じように死んだはずの人々が集められていた。部屋の中央にある謎の大きな黒い球。彼らは、その「ガンツ」と呼ばれる球に、理由もわからないまま星人を「やっつける」ように指示され、別の場所へと強制的に転送されていく。(引用:Wikipedia)

映画化もされ、連載当時は衝撃的だった作品。

「田中星人」登場の衝撃と、普通に人が死んでいった時の衝撃は今でも覚えています。

こちらも終盤はちょっと勢いがなくなった気がしますが、それでも是非一度は読んで欲しい漫画。

 

4位 東京喰種

人間社会に紛れ込み、人を喰らう正体不明の怪人「喰種」が蔓延する東京。

上井大学に通う青年カネキは女性の喰種・リゼに襲われ瀕死となるが、直後に起こった鉄骨の落下がリゼに当たったことで捕食を免れ、命も取り留める。しかしその後、彼女の臓器を移植されたことで、半喰種となってしまう。それ以来、カネキは苦悩と恐怖に満ちた日々を送ることになる。(引用:Wikipedia)

一部のファンに熱狂的な人気があるのがこの「東京喰種」。

私は初めて1巻を読んだ時は、そこまで面白いとは感じられず読むのをやめてしまいました。

しかい、あまりの人気からちゃんと全部読んでみようと読んでみたら、普通に面白かったです。だんだん面白くなっていく感じ。

 

5位 プラネテス

時代は2070年代(2075年以降)。人類は宇宙開発を進め、月面でのヘリウム3の採掘など、資源開発が商業規模で行われている。火星には実験居住施設もあり、木星・土星への有人探査計画も進んでいる。毎日、地上と宇宙とを結ぶ高々度旅客機は軌道上と宇宙とを往復し、宇宙ステーションや月面には多くの人たちが生活し、様々な仕事をしている。しかし、長い宇宙開発の歴史の影で生まれたスペースデブリ(宇宙空間のゴミ。廃棄された人工衛星や、ロケットの残骸など)は軌道上にあふれ、実際にたびたび旅客機と衝突事故を起こすなど、社会問題となっていた。(引用:Wikipedia)

近未来の宇宙が身近になった世界において、生きるとは何かを問いかける漫画

重いテーマを扱いながらも、洗練されたストーリーとテンポでスラスラと読めてしまいます。

アニメ版も最高で、是非原作もアニメ版も見て欲しい作品。

 

面白い漫画おすすめランキング「感動作」

1位 四月は君の嘘

かつて指導者であった母から厳しい指導を受け、正確無比な演奏で数々のピアノコンクールで優勝し、「ヒューマンメトロノーム」とも揶揄された神童有馬公生は、母の死をきっかけに、ピアノの音が聞こえなくなり、コンクールからも遠ざかってしまう。

それから3年後の4月。14歳になった公生は幼なじみの澤部椿を通じ、満開の桜の下で同い年のヴァイオリニスト・宮園かをりと知り合う。ヴァイオリンコンクールでかをりの圧倒的かつ個性的な演奏を聞き、母の死以来、モノトーンに見えていた公生の世界がカラフルに色付き始める。(引用:Wikipedia)

これガチで名作なので、とにかく読んでください。全11巻完結済みということでお手軽に読めますし、かなり万人受けする内容なので全員に是非読んで欲しい作品。

1巻から11巻までの全てが緻密に計算されているようで、物語としての完成度がめちゃくちゃ高いです。

読み終わった後に「とても良い作品に出会えたな」という満足感と同時に、感動の涙を流すような漫画です。最高。

 

2位 宇宙兄弟

2006年7月9日、謎のUFOを目撃した南波六太とその弟の日々人は、「一緒に宇宙飛行士になろう」と誓い合う。それから19年後の2025年、夢を叶え宇宙飛行士となった日々人は、第1次月面長期滞在クルーの一員として、間もなく日本人初となる月面歩行者として歴史に名を残そうとしていた。一方兄の六太は、勤めていた会社をクビになってしまい、鬱屈した日々を送っていた。そんな六太の下に、JAXAから宇宙飛行士選抜の書類審査通過の通知が送られてくる。それは、共に宇宙を目指すという夢を諦めない日々人が応募したものであった。いつの頃からか、宇宙飛行士になることを諦めていた六太は、再び宇宙を目指すことを決意する。(引用:Wikipedia)

アニメはもちろん、小栗旬さん主演で実写映画にもなっている作品。

宇宙飛行士という職業を通して、仕事観や人間ドラマを描いています。

序盤の宇宙飛行士の試験をやってた頃がめちゃくちゃ面白いのですが、最近はちょっとマンネリ化してきている気がしています。それでもなんやかんや面白い。

 

3位 クロスゲーム

主人公はスポーツ用品店・キタムラスポーツの一人息子である樹多村 光(以下「コウ」と記述)。近所のバッティングセンターを営む月島家(父親と長女・一葉、次女・若葉、三女・青葉、四女・紅葉)とは家族ぐるみの付き合いであり、同い年の若葉とは特に親しかったが、その反面1歳年下の青葉とは犬猿の仲だった。 初めは野球に興味がなかったコウだが、青葉の投球フォームを見て憧れ、人知れずトレーニングを始める。(引用:Wikipedia)

1巻からめちゃくちゃ辛い展開。1巻で即泣きます。1巻でここまで泣ける漫画は他にはないと思います。

そこからはあだち充特有の王道ラブコメ、スポ根漫画って感じで、当然面白いです。

とにかく1巻だけでも読んで泣いて欲しい作品。

4位 大長編ドラえもん のび太の恐竜

ティラノサウルスの爪の化石を自慢するスネ夫に対抗し、のび太は「恐竜の化石を一匹分丸ごと見つけてみせる!」と、突拍子もない宣言をしてしまう。その後、偶然にも首長竜の卵の化石を発掘したのび太は、タイムふろしきを使って卵を化石になる前の状態に戻し、孵化させる。のび太は孵化した首長竜の子供をピー助と名づけて可愛がり、ピー助ものび太を慕って育つ。だが成長するにつれてピー助を匿うのが困難になってくる。ピー助の本当の幸せを願い、のび太はタイムマシンで白亜紀の世界へ帰してやる。(引用:Wikipedia)

おそらく漫画で涙するほどの感動を、私に初めて経験させてくれた漫画がこの作品。

恐竜のピー助とのび太やドラえもんとの友情とも愛情とも言えるような関係性とストーリーに涙しました

藤子・F・不二雄さんが亡くなる前の大長編ドラえもんは本当にどれも名作ぞろいで、一番号泣したのは「雲の王国」で、「夢幻三剣士」と「ブリキの迷宮」はハラハラドキドキがやばかったです。「鉄人兵団」も良かったなぁ。

 

5位 コウノドリ

出産は病気ではない。だから、患者も家族も安全だと思い込んでいる。毎年この産院で行われる2000件の出産で、約300件の出産は命の危険と隣り合わせだ。その小さな命が助かることもあれば、助からない時もある。100%安全などあり得ない。それが出産。年間100万人の命が誕生する現場から、産科医・鴻鳥サクラの物語。(引用:Amazon商品ページ

ある時はピアニスト、基本的には産科医の主人公とその患者の出産の物語。

新しい命の誕生がどれだけ奇跡的なことかを再認識させてくれる漫画です。

色々な患者の多様な出産と、そこにつきまとう困難、人間ドラマから目頭が熱くなります。その人気から、ドラマ化もされている作品。

 

面白い漫画おすすめランキング「ギャグ」

1位 中間管理録トネガワ

帝愛グループの兵藤会長の退屈を紛らわす余興を企画するため、最高幹部の利根川は部下の11人の黒服を集め「チーム利根川」を結成。会長の横やり、部下からの信用失墜の危機、病気、部下の失態、計算外のアクシデントに悩みながらも、プロジェクト遂行へ向け奮闘してゆく。(引用:Wikipedia)

福本伸行さんの代表作であるカイジに出てくる利根川が主役のスピンオフ作品

本家のカイジと画は似ていますが、こちらは完全にギャグ漫画でめちゃくちゃ笑えます。

カイジを読んで利根川を知らないと面白くないと思うので、まだカイジを読んでない人はまずはそちらを読むことをおすすめします。

 

2位 東京大学物語

函館向陽高校の3年生である村上直樹は、容姿端麗・頭脳明晰・運動神経抜群の三拍子そろった男。ある日村上は、友人である佐野に連れられて、同じ高校の女子テニス部の試合を見に行く。村上はその時試合をしていた水野遥に一目惚れして、翌日交際を申し込み、交際がスタートする。タルるーとくんの作者の人が書いた青年向けのラブコメ。(引用:Wikipedia)

「まじかる☆タルるートくん」やメディア主演などで有名な江川達也さんの作品。

ジャンルとしてはラブコメですがラブの要素よりもコメディ色の方がかなり強く、ほぼコメディと言っても過言ではないと思います。

死ぬほど笑わせてもらいました。特に数学教師の矢野先生絡みのシーンはめちゃくちゃ面白いです。

 

3位 クレヨンしんちゃん

“嵐を呼ぶ幼稚園児”、野原しんのすけ! あのおバカは永遠に止まらない!? お買い物好きの母ちゃん、ハイレグ&女子大生に弱い父ちゃん、幼稚園には風間くんやネネちゃん、激バトルが続く吉永&松坂先生もいて、毎日が大騒動! 嵐を呼びっぱなしの幼稚園児、しんちゃんの活躍ぶりをご覧ください!(引用:Amazon商品ページ

誰もが知ってる「クレヨンしんちゃん」。

映画版は笑いあり涙ありの普通に名作って感じですが、漫画版はただただくだらなくて笑えます

子供の頃は当然として大人になった今でもたまに手に取り笑いたくなる、そんな最高に安定感あるギャグ漫画です。

 

4位 世紀末リーダー伝たけし

生まれた時から既にヒゲが生えまくりだったたけしは、周囲から「リーダー的存在」と呼ばれていた父親のヒロシを尊敬していたが、ヒロシは酔っ払いの喧嘩を仲裁しようとして命を落としてしまう。数年後、ポッポ小学校1年2組に転入したたけしは「リーダー的存在」として、クラスの問題を解決したりしなかったりしていく。(引用:Wikipedia)

作者が逮捕されて打ち切りになった問題作。当時、ジャンプでそのことが知らされた時の衝撃は今でも覚えています。

序盤は完全にギャグ漫画ですが、だんだんバトル漫画に移行し、バトル漫画の作風は後の「トリコ」に生かされています。

ギャグはかなりくだらないのも多いですが、たまにめっちゃ笑った思い出があります。あと、「トマトデー」とかのワードがなんか秀逸

 

5位 ピューと吹く!ジャガー

「ピヨ彦」こと酒留清彦は、就職も大学も蹴りギタリストを志望して、さまざまな芸能養成学校やプロダクションのオーディションを受けるものの、ひょんな事から謎の笛吹き男・ジャガージュン市に出会ってしまい、その先々でことごとく無理やりなシチュエーションで笛を吹かせようとするジャガーに妨害され、オーディションを落ちる日々が続いた。(引用:Wikipedia)

正直、ジャガーさんでどれだけ笑ったかと言うと、そこまでは笑ってないです。

ただ、爆発力みたいなのがすごくて、笑える時は腹を抱えて笑いました

個人的に好きなのは「赤い老婆…怪しい肉屋」みたいなくだり。すごいツボに入りました。

 

面白い漫画おすすめランキング「仕事」

1位 グラゼニ

プロ野球のスパイダースに所属していた凡田夏之介は、プロ8年目で年俸1800万円の中継ぎ投手とプロ野球選手としては決して一流とは言えない選手である。このままでは引退後は年収100万円台の生活に陥ってしまう。「グラウンドには銭が埋まっている」略して「グラゼニ」を胸にプロ野球選手としての生活に励む。(引用:Wikipedia)

この漫画は何と言っても切り口が面白いです。ビジネス、仕事としてのプロ野球が描かれています

そのため、主人公の努力や成長、チームの勝利ということよりも、年俸を上げるための成績やチームの移籍、試合に出られなくなって評価が下がる怪我など、仕事として重要な部分にフォーカスされているのが面白いです。

 

2位 バクマン。

高い画力を持った真城最高と文才と発想に長けた秀才である高木秋人を主人公とし、二人の少年がコンビを組んで漫画家を目指していく道のり・その活動を描く。物語は連載開始時と同じ2008年から始まるが、話の進行によって現実世界を追い越す様になる。この事に関して大場は単行本16巻のコメントで「常に現代ぐらいに思って読んで頂けると助かります」と述べている。最終話時点で劇中年月は2018年9月となっている。(引用:Wikipedia)

漫画家を題材とした漫画。 漫画界隈の裏話的な内容が散りばめられており、その上で主人公達の恋や成長ストーリーがメインの話として据えられています。

ストーリーも面白いですが、小畑さんの画がいつも通りめちゃくちゃ綺麗でとても読みやすいです。

アニメ版を見るなら U-NEXT

3位 闇金ウシジマくん

丑嶋馨が経営する闇金融『カウカウファイナンス』は、10日5割(トゴ)の超暴利。物語は、そんな『カウカウファイナンス』に訪れる客と、その関係者の様々な人間模様、そして社会の闇を描いたものである。(引用:Wikipedia)

現代の日本における社会の闇を描いており、話がリアルでめちゃくちゃ怖いです。

色々な形の闇が見れます。 エグい描写も多いので耐性がない人や嫌いな人にはおすすめできないですが、興味がある人は是非手にとってみてください。

 

4位 島耕作シリーズ

本作品は1980年代前半の日本経済中成長期(安定成長期)から同年代後半のバブル期を経て1990年代初期の失われた20年前夜に至るまでの日本経済の動向、大企業間の競争、大企業内部の派閥争い、経済活動の末端で働くサラリーマン、特に団塊の世代の群像の様々をリアルに活写したものであった。(引用:Wikipedia)

主人公の島耕作が、あの手この手を使って(だいたい偉い人の愛人に好かれる)課長から社長までどんどん出世していく話

課長17巻、部長13巻、取締役8巻、常務6巻、専務5巻、社長16巻とめちゃくちゃ長いのですが、一人の人間の一生を見ているようでめちゃくちゃ面白いです。

ちなみに、会長編が現在連載中で、それに加え、ヤング編、係長編、学生編と過去に遡った作品もあります。課長編に手を出したら最後、全部一気に読んでしまうので注意。

 

5位 サラリーマン金太郎

暴走族集団・八州連合の元ヘッド矢島金太郎は、亡き妻・明美の故郷で忘れ形見の竜太とともに漁師をしていた。ある日、事故で漂流中のヤマト建設の会長・大和守之助を救った事がきっかけで、金太郎はヤマト建設に見習い社員として入社する。金太郎が入社したヤマト建設は、官僚から天下りしてきた横暴な大島社長が専横を極めており、守之助会長や創業時からの叩き上げである黒川専務は退陣を迫られていた。サラリーマンとしての枠に捉われない金太郎の大胆な行動に感銘を受けたヤマト建設の社員達は、守之助会長を退陣から救うために活動を開始する。(引用:Wikipedia)

「島耕作」に続いて、こちらもサラリーマン漫画の金字塔「サラリーマン金太郎」。高橋克典さん主演でテレビドラマ化もされています。

常識はずれの主人公のわかりやすいサクセスストーリーで、読んでいてとても気持ちが良いです。

ただ、いわゆる「俺TUEEEE」系の漫画なので、それがダメな方にはおすすめできないかも。

 

面白い漫画おすすめランキング「歴史」

1位 キングダム

時代は、紀元前。500年の争乱が続く春秋戦国時代、中国西方の国・秦の片田舎に「信(しん)」と「漂(ひょう)」という名の2人の戦災孤児がいた。2人は、下僕の身分ながら、「武功により天下の大将軍になる」という夢を抱き、日々、剣の修行に明け暮れていた。やがて、大臣である昌文君に見出されて1人仕官した漂だったが、ある夜、残された信の元へ深手を負って戻って来る。息絶えた漂から託された信が辿り着いた目的地には、漂と瓜二つの少年がいた。その少年こそ秦国・第31代目の王である政(せい)であった。漂が命を落とす原因となった政に怒りをぶつける信だったが、自らに託された漂の思いと自らの夢のために、「王弟の反乱」そして乱世の天下に身を投じるのだった。(引用:Wikipedia)

紀元前の中国が舞台の作品。中華統一という野心を持って戦国の時代を生き抜く漢(オトコ)の話で、読んでいると自分も頑張ろうと思うほど熱くなれる漫画です。

王騎という人気キャラが死んだ時は、喪失感がすごくて食べ物が喉を通らないほどでした。まぁそれは言い過ぎなんですけど、マジで悲しかったです。すぐ生き返る悟空の時とはわけが違いました。

アニメ版を見るなら Hulu
U-NEXT
dTV

2位 バガボンド

1600年、新免武蔵(しんめんたけぞう)は幼なじみ本位田又八に誘われ、立身出世を望んで故郷の村(作州・吉野郷宮本村)を出たが、関ヶ原の戦に敗れた。幼いころより母の愛情も知らず、父には命を狙われ、村人には鬼の子として忌み嫌われ、生きる意味を見出せずにいた。しかし、沢庵に自分の存在を認めてもらい、再び剣の道に生きる志を立て、名乗りを「宮本武蔵」に改め、天下無双を目指し流浪の旅に出る。(引用:Wikipedia)

宮本武蔵という男の人生を、スラムダンクで有名な井上雄彦さんが描いたのがこの作品。

井上さんの画が世界観に合っていて、芸術作品のような漫画になっています。特に序盤が面白い!

 

3位 ヒストリエ

紀元前343年、北東ギリシアのトラキア地方に位置する都市国家・カルディアは、北西の強国・マケドニア王国の軍勢の包囲を受けていた。全ギリシア統一を目論む国王・フィリッポス2世によって鍛えられた重装歩兵団は整然とした隊列を作り、城塞都市を十重二十重に取り囲んでいた。重厚な軍勢に囲まれた街には到底立ち入る隙がないように見えたが、一人の青年が隊列の間を平然とくぐり抜け城門まで辿り着く。青年の名はエウメネス。エウメネスはギリシア世界を取り巻く政治情勢の分析から包囲は恭順を迫る示威行動に過ぎないことを見抜き、さらに巧みな弁舌を振るって固く閉じられていた城門を開けさせ、見事に街に入ることに成功する。(引用:Wikipedia)

「寄生獣」で有名な「岩明 均」さんの紀元前のヨーロッパを舞台にした作品。

とにかくストーリーが面白く、どんどんその世界観に引き込まれていきます。ただ少し残念なのは、漫画が出るのが遅いこと。

2003年に連載開始され、2017年12月現在でも10巻までしか出ていません。ファンとしてはどんどん先が読みたいところ。

 

4位 るろうに剣心

幕末に「人斬り抜刀斎」として恐れられた伝説の剣客、緋村剣心。明治維新後は「不殺」(ころさず)を誓い、流浪人として全国を旅していた。神谷薫との出会いや、同じ激動の時代を生き抜いた宿敵達との戦いを通じて、贖罪の答えと新たな時代での生き方を模索していく。(引用:Wikipedia)

幕末を舞台とした、映画にもなっている言わずと知れた名作です。

少年ジャンプの黄金期を支えた王道のバトル漫画ということもあって、ファンも多い作品です。

個性豊かな敵味方、わかりやすいストーリーと正直ありがちな感じではありますが、完成度が高いため面白いです。

5位 ヴィンランド・サガ

11世紀初めの西ヨーロッパ、フランク王国領。この時代、ヨーロッパの海という海、川という川に出没し、恐るべき速度で襲撃と略奪を繰り返す北の蛮族ヴァイキングは、人々の恐怖の的だった。その日も、とあるヴァイキングの集団がフランク領主同士の小競り合いに乗じて包囲されていた都市を瞬く間に落とし、蓄えられていた財貨を残らず奪い去っていった。この略奪はアシェラッドという男が指揮する兵団の仕業で、その中に2本の短剣を武器にする凄腕の少年がいた。その名はトルフィン。今回の襲撃で敵指揮官の首を取る戦功を挙げた彼は、見返りとしてアシェラッドに彼との決闘を求める。(引用:Wikipedia)

中世の西ヨーロッパを舞台とした、「ヴァイキング」と「ヴァイキングに人生を翻弄された者たち」を描いた漫画

大きく、主人公の子供時代と大人時代がありますが、個人的には子供時代の話の方が好き。

作者の「幸村 誠」さんは、「プラネテス」といい、次々に渋い名作を世に送り出していますね。

 

面白い漫画おすすめランキング「ギャンブル(主に麻雀)」

1位 銀と金

裏社会を生きる男達の、株の仕手戦や政治家との裏取引などの駆け引き、殺人鬼や復讐に身を委ねた男と命を懸けた死闘、さらに福本得意のギャンブル勝負を描いた作品である。(引用:Wikipedia)

福本作品の隠れた名作。同じ福本さんの漫画でも、カイジはゲーム的なギャンブルで、銀と金はそれよりも大人のギャンブルというか勝負という感じです。

カイジは映画化もされていますし知名度はカイジの方が圧倒的に上ですが、中身はどちらも遜色ないです。

カイジが面白かった人は、絶対読んだ方が良いです。

 

2位 アカギ

同著者作品『天 天和通りの快男児』からのスピンオフとして、同作の登場人物である“伝説の雀士”赤木しげるの高い人気を受け、彼を主役としその若き日の伝説を築き上げていく姿が描かれた作品。他の作品同様、その人気の所以は人間の内面を事細かな心理描写をもって表されているところにあり、2016年現在、福本作品の中で最長連載期間を更新し続けている(単行本数は『賭博黙示録カイジ』シリーズの方が多い)。(引用:Wikipedia)

福本さんの作品が好きで、かつ麻雀も好きなので麻雀を題材とした福本作品であるこの漫画も当然好きです。

現実的にはありえない展開ばかりですが、麻雀を知っているとそこがまた面白いと感じます。

ただ、麻雀を知らない人にはあまりおすすめできないかも。

アニメ版を見るなら Hulu
U-NEXT
dTV

3位 天-天和通りの快男児

麻雀の「理」に対して深い造詣を抱き、大学受験のために雀荘で素人相手に荒稼ぎをしていた受験生、ひろゆきは麻雀の請負業を営む天とサシ馬勝負を行う。天の麻雀下手さも手伝って勝負は終始ひろゆき有利に進むが、南4局で天が明らかにイカサマな天和九蓮宝燈をあがり逆転する。その事が縁で2人は知り合いとして付き合い始める。

やがてやくざだが義侠な男、沢田と知り合ったひろゆきは代打ちの道を歩き出す。その最初の仕事の地上げ勝負の相手はなんと天だった。勝負は再びイカサマの天和九蓮宝燈を決めた天の勝ちとなるが、実際には天と沢田が自ら全ての面倒の犠牲になることを選択した結果となる(この辺りから、天は実際には麻雀にとても強いことが判明してくる)。(引用:Wikipedia)

「アカギ」も登場する、これまた福本伸行さんの漫画。

福本さんの漫画はどれもストーリーが秀逸で、その上ご自身が麻雀が好きということもあり、麻雀漫画を描かせたら右に出る者はいないと思っています。

「天」は序盤の画がちょっとあれですが、それでも超面白いので絵だけで判断せず是非読んでみて欲しいです。

 

4位 むこうぶち

「むこうぶち」――それは誰とも組まず、何処にも属さない一匹狼。誰も何も必要無い、真のギャンブラー。

バブル経済が頂点に差し掛かりつつあった1980年代の東京。市中の雀荘に飽き足らず、1000点1000円、あるいはそれ以上の高レートで行う賭け麻雀に走る人たち。その中に一人の男が現れた。一見優男。しかし、彼に狙われた者は、この言葉と共に、獣に食い殺されるが如く敗れ去るのみ-「御無礼」。

決して己の内面を見せず、その強さ鬼の如し。男の名は「傀」。(引用:Wikipedia)

高レートの賭け麻雀の世界で暗躍する謎の男「傀」の物語

出てくる脇役の小物感も素晴らしく、小物感があるからこそ「傀」の良さや強さが際立ちます。

麻雀好きなら「御無礼」を真似したくなること必須。

 

5位 哲也

昭和19年(1944年)、阿佐田哲也15歳。真珠湾攻撃から3年たったこの年、哲也は軍需工場で勤労動員させられていた。ある昼休み仲間と一緒に同僚のおっちゃんに博打を教えてもらっていた。その時、空襲が起きあたり一面が焼け野原になる惨事の中、逃げずに生き延びたおっちゃんから「運の悪い奴が死ぬんだ」と教わる。翌年、戦争に負け日本は貧しい状況にあった。何とか職を得た哲也は、就職先で博打をやっていることを知りその場に赴く。負け続けて土壇場に追い込まれた哲也は勝負師としての才能を開花させた。賭場での印南との出会いを経て横須賀で米兵相手に麻雀をやれば儲かると聞いた哲也は横須賀へ向かう。(引用:Wikipedia)

「雀聖」と呼ばれる「阿佐田哲也」をモチーフとした麻雀漫画。

麻雀漫画は「リアルな麻雀」と「ファンタジーな麻雀」を描いた作品があり、この漫画はかなり「ファンタジーな麻雀」。

現実的ではないながらも読み物としては面白い。麻雀漫画の「キャプテン翼」のような感じ

 

面白い漫画おすすめランキング「少女」

1位 東京タラレバ娘

あの時彼がもう少しセンスが良かったらプロポーズを受けていたのに、バンドマンの彼がもう少し芽が出る可能性があったら。こうしていたら……、ああすれば……、高い理想を掲げて根拠もなく仮定の話を積み上げるうちに、気が付けば33歳・独身になっていた。(引用:Wikipedia)

アラサー女の井戸端会議が妙にリアルで面白く、2017年にドラマ化するほど人気が出た漫画です。吉高由里子、榮倉奈々、大島優子が出演していたこともあり話題になりました。

共感できることが多いという意味では、最もハマるのはアラサーの女性だと思いますが、アラサーの男でもアラサーじゃない人でも楽しめます。実際、アラサーのおっさんである自分もめちゃくちゃ面白かったです。

 

2位 ちはやふる

競技かるたを題材とした少女漫画。本作の主人公はクイーンを目指す少女・綾瀬千早であり、物語は千早がクイーンの座をかけて争う場面から始まる。その後は千早が過去を回想する形で第6話までは小学校編が、第7話から高校生編が描かれている。(引用:Wikipedia)

少年ジャンプ顔負けの努力・友情・成長が描かれている、少年漫画のようなスポ根少女漫画です。

ただ、やはり少女漫画なので主人公は女の子。その主人公の女の子の努力する姿が、少年漫画の主人公とは異なっていてとても新鮮です。

ちはやふるに関しては、漫画で読むよりもアニメで見ることを全力でおすすめします。アニメ版の音楽が綺麗すぎて世界観に合いまくってるので最高です。

アニメ版を見るなら Hulu
U-NEXT
dTV

3位 君に届け

舞台は北海道。北幌高校に入学した黒沼爽子は性格は良いが、見た目が暗く、長い黒髪から、周りからは「貞子」と呼ばれて恐れられ、クラスに全く馴染めないでいた。しかし、自身とは対照的な、爽やかで、学年で男女問わず人気者で、噂を全く気にしないクラスメイトの風早翔太と親しくなった事をきっかけに、友情・恋愛・進路などを通して爽子は新たな発見をし、成長していく。そして、爽子を中心に、風早たちの友情・恋愛・進路も動き出す。(引用:Wikipedia)

風早くんのあまりの爽やかさに、ついついニヤニヤしてしまう作品

私はアニメ版から入って原作も読んだのですが、どっちにしろ風早くんの爽やかさは存分に味わえるので、漫画で読んでもアニメを観てもどっちでも大丈夫です。

 

4位 ハチミツとクローバー

美大生・竹本祐太は同じアパートに暮らす先輩の森田忍や真山巧らに囲まれ大学生活を送っていた。

美大一の「変人」で「問題児」として知られる森田に振り回される毎日を過ごす竹本と真山。森田は時々大学に来なくなり、しばらくすると憔悴しきった姿でわけのわからないお土産と途方もない大金を手に戻ってくる。だが、森田は竹本や真山の食事や寝床を奪うなど傍若無人に振る舞い、金のことには一切触れようとせず、竹本らと貧乏暮らしをしていた。周囲の誰もが認めるクリエーターとしての高い才能を持ちながら、その才能に真摯に向き合おうとはしない森田に周囲はやきもきさせられる。(引用:Wikipedia)

「このマンガがすごい!オンナ編」で2006年、2007年と2年連続1位を獲得し、テレビアニメはもちろん、映画やドラマ化もした作品。

超有名なので、ドラマなり映画なりで観た人は多いとは思いますが、漫画原作もめちゃくちゃ良いので、是非読んでもらいたいです。

切ない片思いの青春感満載の漫画。

 

5位 のだめカンタービレ

ピアノ科に在籍しながらも指揮者を目指すエリート音大学生・千秋真一は、胴体着陸の恐怖体験による重度の飛行機恐怖症に加えて海で溺れたことのトラウマのため船にも乗れないことから、クラシック音楽の本場であるヨーロッパに行くことが出来ず、将来に行き詰まりを感じて思い悩む日々を送っていた。担任の教授の教育方針に反発し、口論の末に決別。別れた彼女にもつれなくされて自暴自棄になっていた。(引用:Wikipedia)

俺様なイケメン「千秋」と才能あるけどダメ人間な「のだめ」との掛け合いが面白い漫画。

この作品もドラマ化で大幅に知名度が上がったので、知っている人は多いはず。

まだ読んだことがない人は、漫画版、ドラマ版、どちらでも良いので是非。

 

無料で漫画が読める!おすすめのマンガアプリ

漫画を読む方法は購入、レンタル、漫画喫茶など色々な方法がありますが、すぐに無料で読めるのがマンガアプリです。

今では多くのマンガアプリがありどのアプリが良いかわかりづらいと思うので、今回は特におすすめのマンガアプリのみを厳選して紹介します。

よくある無名の作品ばかりのアプリではなく、有名な作品を読めるアプリのみを選んでいます。

アプリのダウンロードはもちろん無料なので、とにかくダウンロードしまくって読みたい漫画を探してみてください!

 

少年ジャンプ+

漫画と言えばやっぱり「少年ジャンプ」ですよね。今回のランキングにもかなりの数の「少年ジャンプ」の作品がランクインしています。

そんな「少年ジャンプ」の漫画が読めるのがこのアプリ。過去の名作から最新作を作品単位で読めるのはもちろん、「週間少年ジャンプ」自体を読むこともできます。

無料でもかなりの量を読むことができ、看板漫画「食戟のソーマ」も60話以上が無料で読み放題です。(2017年10月現在)

 

とにかくまずはこのアプリのダウンロードをおすすめします!

少年ジャンプ+

少年ジャンプ+
無料
posted with アプリーチ

マンガBANG!

有名な人気の漫画の多くが無料で試し読みできるのがこのアプリ。

様々な特集が組まれているので、サブのマンガアプリとしてダウンロードして定期的に特集をチェックしてみるような使い方がおすすめです!

マンガBANG!

マンガBANG!
無料
posted with アプリーチ

マンガほっと

「原哲夫」さんの作品がかなり充実しているのがこのアプリ。

ランキングにも入っている「蒼天の拳」だけでなく、戦国漫画「義風堂々!!」なども読めます!

マンガほっと

マンガほっと
無料
posted with アプリーチ

 

おすすめのマンガアプリはまだまだたくさんあるので、気になる方は是非こちらの記事もチェックしてみてください!

漫画アプリおすすめランキング|人気マンガが無料で読める!

漫画アプリのおすすめランキングを紹介します。 作品数は多いけど無名マンガばかりでつまらない… 有名マンガが読めるけど全部有料… ということがないように、数あるマンガアプリの中から 無料で多くの漫画が読 ...

続きを見る

まとめ

以上が私の面白い漫画のおすすめランキングでした!

何度も読み返しているような名作ばかりなので、知っていたけどまだ読んだことがない人は是非読んでみてください。マジで面白い漫画しか紹介していません。

ちなみに私は実家に置いてある漫画でも何度も読みたい漫画はKindle版も買って読んでます。いつでもどこでも大好きな作品が読めるKindle版は最高です。

また、アニメ版についてですが、各動画配信サービスで見れる作品は頻繁に変わります。そのため、見たい作品があれば各サイトでの確認とお早めの利用をおすすめします。

面白いアニメのおすすめランキングも書いてるので興味があれば是非。

面白いアニメおすすめランキング|人気の名作からマイナーな作品まで

  面白いアニメのおすすめランキングです。 本当に面白いアニメのみを厳選してランキングにしているため、何か面白いアニメを見たいなと思っている人は是非このランキングを参考にしてみてください。 ...

続きを見る

人気記事

1

面白いソーシャルゲーム(ソシャゲ)のおすすめランキングです。 超人気の名作から2017年の最新作、さらには2018年リリース予定のアプリまで、無課金でも面白いスマホゲームのみを厳選しました。 私はモン ...

2

  Amazonは2017年11月8日に音楽聴き放題サービス「Music Unlimited」の提供を開始しました。 しかし、AmazonはAmazonプライム会員向け音楽聴き放題サービスと ...

3

  Amazonが「Kindle Unlimited」のサービスを始めてから約1年が経過しました。ネット上では読みたい本が「Kindle Unlimited」の読み放題対象でないから微妙とい ...

-漫画

Copyright© WASENEE , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.