Kindle本

面白い小説おすすめランキング|名作・ミステリー・SFのKindle本

投稿日:

数あるベストセラー本の中から、本当に面白いおすすめの小説のみでランキングを作成しました。

  • 「海外の歴史的名作」、「日本の名作」、「ミステリー・サスペンス」、「SF」、「無料で読める本」でジャンル分け
  • Kindle本のみ
  • Amazonのレビューで星4つ以上の高評価の名作小説のみ

で作成しています。

なぜKindle本のみかというと、私が完全にKindle本信者だからです。紙の本好きの人にも是非おすすめしたいほどにKindle本は便利です。

よくKindle本は専用のKindle端末でしか読めないと勘違いされますが、Kindle本はスマホやパソコンでも読めますし、読みたいと思ったらすぐに読み始められるので一度Kindle本に慣れると紙の本が買えなくなるほどに便利です。

紙の本が好きな人でも一度Kindle本を読めばすぐに慣れると思うので、是非面白い小説をKindle本を読んでみてください

スポンサーリンク

面白い小説おすすめランキング「海外の歴史的名作」

1位 アルジャーノンに花束を

知的障害を持つ青年チャーリイは、かしこくなって、周りの友達と同じになりたいと願っていた。他人を疑うことを知らず、周囲に笑顔をふりまき、誰にでも親切であろうとする、大きな体に小さな子供の心を持った優しい性格の青年だった。

彼は叔父の知り合いが営むパン屋で働くかたわら、知的障害者専門の学習クラスに通っていた。ある日、クラスの担任である大学教授・アリスから、開発されたばかりの脳手術を受けるよう勧められる。先に動物実験で対象となったハツカネズミの「アルジャーノン」は、驚くべき記憶・思考力を発揮し、チャーリイと難関の迷路実験で対決し、彼に勝ってしまう。彼は手術を受けることを快諾し、この手術の人間に対する臨床試験の被験者第1号に選ばれたのだった。(引用:Wikipedia

人として大切なものは何かを教えてくれる感動の名作

日本でも有名で、2002年にユースケサンタマリア、2015年に山下智久主演でドラマ化もされた作品。

知的障害を持つ心優しい少年が手術によって天才的頭脳を得て、同時に優しさを失ってしまいます。

そのせいで孤独になってしまうのですが、様々な経験をする中で人として大切なものに気づく、というような話です。

 

2位 フェルマーの最終定理

17世紀、ひとりの数学者が謎に満ちた言葉を残した。「私はこの命題の真に驚くべき証明をもっているが、余白が狭すぎるのでここに記すことはできない」以後、あまりにも有名になったこの数学界最大の超難問「フェルマーの最終定理」への挑戦が始まったが――。天才数学者ワイルズの完全証明に至る波乱のドラマを軸に、3世紀に及ぶ数学者たちの苦闘を描く、感動の数学ノンフィクション!(引用:フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

数学好き以外にもおすすめできる感動のノンフィクション

題名からして難しそうな気配がプンプンしていますが、安心してください。数学の定理などの専門的な概念を、誰にでもわかりやすいように説明してくれています。

数学界の歴史的難問「フェルマーの最終定理」に人生をかけて挑んだ一人の数学者の物語です。

知的好奇心をくすぐり、圧倒的な感動が得られます。

 

3位 アンネの日記

1926年、ドイツで裕福なドイツ系ユダヤ人家庭の二女として生まれたアンネはナチスの迫害を逃れ、一家でオランダのアムステルダムに移住。1944年、姉マルゴーの召喚を機に一家で隠れ家生活に入る。ついに1944年、ナチにより連行され、最後はベルゲン=ベルゼン強制収容所でチフスのため15歳で亡くなった。ナチスに捕らわれる前まで書き続けていた日記には、自分用に書いた日記と、公表を期して清書した日記の2種類がある。本書はその二つを編集した「完全版」に、さらに新たに発見された日記を加えた「増補新訂版」。ナチ占領下の異常な環境の中で、13歳から15歳という多感な思春期を過ごした少女の夢と悩みが瑞々しく甦る。ユネスコ世界記憶遺産。(引用:増補新訂版 アンネの日記 (文春文庫)

誰もが読む”べき”一冊

ユネスコの世界記憶遺産にも登録されている世界的に価値のある一冊。

第二次世界大戦の悲劇を、等身大の女の子の目線で綴られた作品。

本当にアンネが書いたのか、ということが議論されることもありますが、重要なのは「あなたが何を感じるか」です。

 

4位 動物農場

人間の農場主が動物たちの利益を搾取していることに気づいた「荘園牧場」の動物たちが、偶発的に起こった革命で人間を追い出し、「豚」の指導の下で「動物主義」に基づく「動物農場」をつくりあげる。動物たちの仲間社会で安定を得た彼らであったが、不和や争いが絶えず、最後は理解できない混乱と恐怖に陥っていく。結果的に支配者が入れ替わっただけで、人間が支配していた時以上に抑圧的で過酷な農場となる。(引用:Wikipedia

社会風刺の傑作

動物が人間と同じように働く動物農場を通して、人間の醜さや卑しさを問う作品。

登場人物というか登場動物が動物であることがミソ。動物たちの姿を通してだからこそ、私たち人間に刺さるのだと思います。

著者ジョージ・オーウェルの別作品「一九八四年」も名作なので、下の方で紹介しています。

 

5位 アルケミスト-夢を旅した少年

羊飼いの少年サンチャゴは、アンダルシアの平原からエジプトのピラミッドに向けて旅に出た。そこに、彼を待つ宝物が隠されているという夢を信じて。長い時間を共に過ごした羊たちを売り、アフリカの砂漠を越えて少年はピラミッドを目指す。「何かを強く望めば宇宙のすべてが協力して実現するように助けてくれる」「前兆に従うこと」少年は、錬金術師の導きと旅のさまざまな出会いと別れのなかで、人生の知恵を学んで行く。欧米をはじめ世界中でベストセラーとなった夢と勇気の物語。(引用:アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)

 

人生の道しるべとなる一冊

夢を追う少年の人生を通して、夢と勇気がもらえる物語。

自己啓発本として紹介さえれることも多く、小説という体をとりながら自己啓発本としての側面もある作品。

 

6位 赤毛のアン

ちょっとした手違いから、グリン・ゲイブルスの老兄妹に引き取られたやせっぽちの孤児アン。初めは戸惑っていた2人も、明るいアンを愛するようになり、夢のように美しいプリンス・エドワード島の自然の中で、アンは少女から乙女へと成長してゆく――。愛に飢えた、元気な人参あたまのアンが巻き起す愉快な事件の数々に、人生の厳しさと温かい人情が織りこまれた永遠の名作。(引用:赤毛のアン―赤毛のアン・シリーズ〈1〉 (新潮文庫)

アンのピュアさに元気がもらえる大作

まずはじめに言っておきたいのですが、「赤毛のアン」シリーズはめちゃくちゃ長いです。全12冊です。

それでも構わないという人には是非読んでほしい、心が温まる超名作。

 

7位 モモ

イタリア・ローマを思わせるとある街に現れた「時間貯蓄銀行」と称する灰色の男たちによって人々から時間が盗まれてしまい、皆の心から余裕が消えてしまう。しかし貧しくとも友人の話に耳を傾け、その人に自信をとりもどさせてくれる不思議な力を持つ少女モモが、冒険のなかで、奪われた時間を取り戻すというストーリー。(引用:Wikipedia

子供から大人までが楽しめる奥深い作品

ドイツの作品ですが日本でも圧倒的な人気を誇る名作。

子供も楽しめる小説ではありますが、効率化ばかりを重視した現代社会の「時間」への価値観に一石を投じる深さもあります。

 

8位 マネーボール

1990年代末、オークランド・アスレチックスは資金不足から戦力が低下し、成績も沈滞していた。新任ゼネラルマネジャーのビリー・ビーンは、かつて将来を嘱望されながら夢破れてグラウンドを去った元選手だ。彼は統計データを駆使した野球界の常識を覆す手法で球団を改革。チームを強豪へと変える―“奇跡”の勝利が感動を呼ぶ!ブラッド・ピット主演で映画化された傑作ノンフィクション、待望の全訳版。(引用:Wikipedia

単純に読み物として面白い名作

ブラットピット主演で映画化もされた作品。

盗塁には意味がないなど今までの野球理論をデータで覆し、貧乏球団のアスレチックスが強豪チームになる様子が描かれています。

スポーツ科学的な観点、ビジネス的な観点でも面白い。

 

面白い小説おすすめランキング「日本の名作」

1位 夢をかなえるゾウ

主人公はどこにでもいる普通のサラリーマン。彼はこれまでにも自己啓発の本を読んだり、自らを変えようとしていたが、三日坊主の性格が災いして失敗し続けてきた。そして、会社の先輩の友人・カワシマ(実際には名刺交換しただけ)が開いたパーティーに出席した彼は、そこで有名人やアイドルの友達が談笑しているのを目の当たりにし、自分の住んでいる世界との差を痛感する。その夜、彼は泥酔したままインド旅行で買った置き物に「人生を変えたい」と泣き叫ぶと、次の朝、枕元に関西弁を話す謎の生物が。それは置き物から化けて出てきた神様・ガネーシャであった。主人公はガネーシャに振り回されながらも、夢を成すためにガネーシャの課題を行うことになる。(引用:Wikipedia

自己啓発小説の決定版

この本は自己啓発本であり、小説でもある作品です。

世の中に数多ある自己啓発本をたくさん読むよりも、夢をかなえるゾウを読んだ方が良いです。それだけ自己啓発本として優れています。

同時に、小説としても大変面白く、実用性と娯楽性を兼ね備えた一冊です。

 

2位 白い巨塔

食道噴門癌の手術を得意とする国立浪速大学第一外科助教授・財前五郎は、次期教授を狙う野心に燃える男。一方、財前の同窓である第一内科助教授・里見脩二は患者を第一に考える研究一筋の男。食道噴門癌の若き権威として高い知名度を誇る財前の許には、全国から患者が集まってくる。その多くは、著名な有力者やその紹介の特診患者。その卓越した技量と実績に裏打ちされた自信と、野心家であくが強い性格の持ち主である財前を快く思わない第一外科教授・東貞蔵は何かにつけて苦言を呈する。(引用:Wikipedia

社会派医療サスペンスの傑作

唐沢寿明主演のテレビドラマ版を観てから読んだのですが、テレビ版も原作も甲乙つけがたいほどの名作です。

野心家で卓越した技術を持ちながら、どこか人間くささのある財前五朗に魅了されました。

同じく山崎豊子原作、主演唐沢寿明のドラマ「不毛地帯」もドラマ版、原作、共にかなりおすすめです。

「白い巨塔」「不毛地帯」のテレビドラマ版はFOD(フジテレビオンデマンド)で視聴することが可能です。1ヶ月間の無料期間もあるので、ドラマ版を観たい人は是非。

3位 君の名は。

東京の四ツ谷に暮らす男子高校生・立花瀧は、ある朝、目を覚ますと岐阜県飛騨地方の山奥にある糸守町に住む女子高生・宮水三葉になっており、逆に三葉は瀧になっていた。2人とも「奇妙な夢」だと思いながら、知らない誰かの一日を過ごす。

翌朝、無事に元の身体に戻った2人は入れ替わったことをほとんど忘れていたが、その後も週に2~3回の頻度でたびたび「入れ替わり」が起きた事と周囲の反応から、それがただの夢ではなく実在の誰かと入れ替わっていることに気づく。性別も暮らす環境もまったく異なる瀧と三葉の入れ替わりには困難もあったが、お互い束の間の入れ替わりを楽しみつつ次第に打ち解けていく。(引用:Wikipedia

社会現象にもなった映画の原作小説

説明不要の超ヒット映画の原作小説です。

私は映画版も大好きですが、原作も原作で面白い。

映画版が好きか原作が好きかは好みによって別れますが、どっちも名作なのでどっちもみるべきだと思います。

 

4位 蝉しぐれ

海坂藩(作者創造による架空の藩。庄内藩がモデルとされる)を舞台に、政変に巻きこまれて父を失い、家禄を減らされた少年牧文四郎の成長を描く。小説の冒頭で文四郎は15歳。市中の剣術道場と学塾に通い、ひとつ年上の小和田逸平や同い年の島崎与之助と仲がよく、また隣家の娘ふくに不思議と心を引かれ、すこしずつ大人になりつつある年頃である。平凡な日々がおだやかに過ぎてゆくなかで、お世継ぎをめぐる政争が表面化し、これに関与していた養父助左衛門は切腹を命ぜられる。(引用:Wikipedia

物語の全てが詰まった傑作の中の傑作

少年の成長、恋愛模様、人間ドラマと、物語におけるあらゆるテーマが詰まったような作品。

タイプの異なる主人公が3人いることで、自分を重ねて感情移入しやすいのも良いです。

 

5位 鉄の骨

中堅ゼネコンの一松組に入社して4年目の富島平太はある日突然、業務課への異動を命じられる。大学の建築学科を卒業し、入社以来現場を担当してきた平太にとって、営業を担当する業務課は正に畑違い。

着任早々、区役所への挨拶を命じられた平太は、公共工事の最低入札価格や指名入札業者の数に探りを入れる上司と役人とのやり取りにはらはらする。その日の夜の飲み会で平太は、業務課が通称「談合課」と呼ばれる部署であること、談合がなければ建設業界は立ち行かないため談合は「必要悪」であることを聞かされる。(引用:Wikipedia

人間ドラマが詰まった池井戸潤の出世作

数々の仕事をテーマとしたヒット作を世に送り出している池井戸潤の小説の中で、私が一番好きなのがこの作品。

池井戸潤の作品はドラマ化されているものも多く、ドラマ版では「半沢直樹」がもっとも有名だと思います。私もドラマ版であれば「半沢直樹」が一番好き。

2017年11月現在放送中の「陸王」も池井戸潤原作のドラマです。

 

面白い小説おすすめランキング「ミステリー・サスペンス」

1位 オリエント急行の殺人

中東での仕事を終えたポアロは、イスタンブール発カレー行きのオリエント急行に乗り、ヨーロッパへの帰途に就く。一等車両にはポアロの他、様々な職業、国の出身者が乗り合わせ、季節外れの満席となっていた。その中の1人、アメリカの富豪サミュエル・ラチェットがポアロを知り、話しかけてくる。彼は脅迫状を受け取っており、身の危険を感じてポアロに護衛を依頼する。しかしポアロは興味を持たず、またラチェットに良い印象を持たず、これを断る。

列車がヴィンコヴツィとブロドの間で積雪による吹き溜まりに突っ込み立ち往生する中、翌朝、ラチェットの死体が彼の寝室で発見される。(引用:Wikipedia

ミステリーの女王アガサ・クリスティの代表作

アガサ・クリスティ著書の名作は数多くありますが、個人的に一番好きなのがこの作品。「そして誰もいなくなった」も捨てがたいですが…

古典的なトリックではありますが、今読んでも色褪せることなく面白いです。

上質なミステリーを読みたいならまずはこれを読むべきだと思います。

 

2位 第三の時効

殺人事件の時効成立目前。現場の刑事にも知らされず、巧妙に仕組まれていた「第三の時効」とはいったい何か!? 刑事たちの生々しい葛藤と、逮捕への執念を鋭くえぐる表題作ほか、全六篇の連作短編集。本格ミステリにして警察小説の最高峰との呼び声が高い本作を貫くのは、硬質なエレガンス。圧倒的な破壊力で、あぶり出されるのは、男たちの矜持だ――。大人気、F県警強行犯シリーズ第一弾!(引用:第三の時効 (集英社文庫)

天才横山秀夫の良さが詰まった短編集

表題でもある「第三の時効」をはじめ、全六篇の短編集。

ミステリーでありドキュメンタリーでもある圧倒的迫力の作品。

Amazonのレビューでも多くの人が語っていますが、やはり六篇の中では「第三の時効」が一番おすすめです。

 

3位 陽気なギャングが地球を回す

ロマンはどこだ!?

人間嘘発見機、演説の達人、天才スリ、そして正確な体内時計を持つ女。この4人の天才達は「人を傷付けない」ことをポリシーとする銀行強盗だった。その戦歴は百発百中……のはずが、思わぬところで誤算が生じ、せっかくの「売り上げ」を逃走中の現金輸送車強盗犯に横取りされてしまう事に。そこで彼等は奪還に動こうとする。(引用:Wikipedia

痛快なクライムノベルの傑作

手に取りやすい表紙やあらすじの通り、すらすらと読める万人受けする娯楽作品。

映画オーシャンズシリーズと似た部分があり、あっちが好きならこっちも好きだと思います。私はどっちも好きです。

コメディタッチな作品で、どんでん返しの展開が読んでいてとても気持ちいい。Kindle版であれば今すぐ読めますしとっつきやすいので、困ったらこれを読むのがおすすめ。

 

4位 黒革の手帖

7500万円の横領金を資本に、銀座のママに転身したベテラン女子行員、原口元子。店のホステス波子のパトロンである産婦人科病院長楢林に目をつけた元子は、元愛人の婦長を抱きこんで隠し預金を調べあげ、5000万円を出させることに成功する。次に彼女は、医大専門予備校の理事長橋田を利用するため、その誘いに応じるが……。夜の紳士たちを獲物に、彼女の欲望はさらにひろがってゆく。(引用:黒革の手帖〈上〉 (新潮文庫)

これぞ松本清張と思える何度もドラマ化している名作

最近では武井咲主演、ちょっと前だと米倉涼子主演でドラマ化もしている作品。

その前にも何度もドラマ化しており、10年ごとくらいにドラマでやってます。

ドラマ版でも十分にどろどろした欲望渦巻く世界観を表現していますが、やはり松本清張を感じさせる原作の方が断然おすすめ。

 

面白い小説おすすめランキング「SF」

1位 アンドロイドは電気羊の夢を見るか?

第三次大戦後、放射能灰に汚された地球では生きた動物を持っているかどうかが地位の象徴になっていた。人工の電気羊しか飼えないリックは、かくて火星から逃亡した〈奴隷〉アンドロイド八人の首にかかった賞金を狙って、決死の狩りを始めた! 現代SFの旗手が斬新な着想と華麗な筆致で描く悪夢の未来世界!(引用:アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))

映画ブレードランナーの原作にもなった名作

2017年11月現在公開中のブレードランナー2049の原作小説。

引き込まれるタイトルとSF小説らしからぬ読みやすさで人気の歴史的名作です。

アンドロイドがいる世界を通じて人間とは何かを考えさせる、今なお色褪せない、むしろ、今だからこそ読んでおきたい一冊。

 

2位 一九八四年

1950年代に発生した核戦争を経て、1984年現在、世界はオセアニア、ユーラシア、イースタシアの3つの超大国によって分割統治されている。さらに、間にある紛争地域をめぐって絶えず戦争が繰り返されている。作品の舞台となるオセアニアでは、思想・言語・結婚などあらゆる市民生活に統制が加えられ、物資は欠乏し、市民は常に「テレスクリーン」と呼ばれる双方向テレビジョン、さらには町なかに仕掛けられたマイクによって屋内・屋外を問わず、ほぼすべての行動が当局によって監視されている。

ロンドンに住む主人公ウィンストン・スミスは、真理省の役人として日々歴史記録の改竄作業を行っていた。物心ついたころに見た旧体制やオセアニア成立当時の記憶は、記録が絶えず改竄されるため、存在したかどうかすら定かではない。スミスは、古道具屋で買ったノートに自分の考えを書いて整理するという、禁止された行為に手を染める。ある日の仕事中、抹殺されたはずの3人の人物が載った過去の新聞記事を偶然に見つけたことで、体制への疑いは確信へと変わる。(引用:Wikipedia

村上春樹の1Q84の土台にもなった名著中の名著

古典でありながら現代的でもある、衝撃的な恐怖さえ覚える作品。

人間の本質を問いかけてくれ、価値観を揺るがすような重厚な小説。

 

3位 復活の日

1969年(小説上では196X年とされている)2月、イギリス陸軍細菌戦研究所で試験中だった猛毒の新型ウイルス「MM-88」が職業スパイによって持ち出される。スパイの乗った小型飛行機は吹雪のためアルプス山中に墜落し、ウイルス保管容器は砕け散る。春が訪れ気温が上昇すると「MM-88」は大気中で増殖を始め、全世界に蔓延(まんえん)した。はじめは家畜の疫病や新型インフルエンザと思われたが、心臓発作による謎の突然死が相次ぐ。おびただしい犠牲者を出してなお、病原体や対抗策は見つからず、人間社会は壊滅状態に陥る。(引用:Wikipedia

日本が生んだSF小説の傑作

ストーリー構成の秀逸さで、最後まで一気に読んでしまいます。

文章を読むごとに、パンデミックの恐ろしさが脳に直接的に訴えかけてくるかのような感覚に陥りました。

恐怖を植え付けられたにも関わらず、ふと気づくと手に取りたくなる、そんな作品です。

 

無料で読める人気の小説

突然ですが、Amazonの本の中でKindle版「¥0」って見たことないですか?

↓こういうのです

これはKindle Unlimitedというサービスに登録すると無料で読むことができますよ、という意味です。

じゃあKindle Unlimitedとは何かと言うと、月額980円で17万冊以上が読み放題になるサービスです。

そして、初めてKindle Unlimitedを利用する場合は30日間の無料お試し期間があるため、この無料お試し期間を利用すれば月額980円さえも払うことなく完全に無料で人気の小説を読むことができます

しかも、Amazonは超親切なので、会員登録をした直後に「会員を継続しない」という設定にすることで、解約を忘れて次の月に料金を請求されるなんてことにはなりません。これだけ親切なサービスはなかなかないです。Amazon最高ですね。

 

ここからはKindle Unlimitedで読める人気の小説を紹介するので、読みたい本があればKindle Unlimitedの無料お試し期間を利用してタダで読むのが超おすすめです!

※無料で読める本は気がつくと変わってることもあるので、読みたい本があればお早めにご利用ください。

※2017年11月現在の情報

「ハリーポッター」シリーズ全7作品

なんと、ハリーポッターは7作品全てを読むことができます

ハリーポッター全7作品をKindle版で普通に購入すると7,000円以上かかるので、ハリーポッターを読みたいと思っていた人はKindle Unlimitedに登録して読んだ方が絶対良いです。

 

以下、Kindle Unlimitedで読める一部の小説を一気に紹介します。

カラマーゾフの兄弟1

陰日向に咲く

トップ・レフト 都銀vs.米国投資銀行

巨大投資銀行(上)

なぜ、あの人の周りに人が集まるのか?

シャーロック・ホームズの冒険 【新訳版】

孤島の鬼

 

ここで紹介した本はKindle Unlimitedで読める本当に一部の本だけです。小説以外にも雑誌やビジネス書、量は少ないですが漫画さえも読み放題なのがKindle Unlimitedeです。

かなりお得なサービスですが、とにかく一度利用してみなくては便利さはわからないと思うので、まずは無料お試し期間の利用をおすすめします。

まとめ

以上が面白い小説のおすすめランキングでした。

Kindle Unlimitedを利用すればお得に本を読むことができるので、本好きの人は是非登録を検討してみてください!

Kindle Unlimitedを体験してわかった良さ【おすすめの本と料金も】

  Amazonが「Kindle Unlimited」のサービスを始めてから約1年が経過しました。ネット上では読みたい本が「Kindle Unlimited」の読み放題対象でないから微妙とい ...

続きを見る

-Kindle本

Copyright© WASENEE , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.