Kindle本

【仕事の基本】若手社会人に必要な知識が学べるおすすめの本6選

投稿日:2017年9月20日 更新日:

f:id:waseda-neet:20170920080820j:plain

  • 近い将来に社会人になる学生のみなさん
  • まだまだ若手と呼ばれている20代のみなさん
  • 新人の教育を担当する中堅以上のみなさん

このような方々におすすめの本を6冊紹介させていただきます。

私は大企業、ベンチャー企業、コンサルティングファームなど、規模や文化の異なる複数の企業で働きました。また、若手として教育される側、若手を教育する側、両方の経験をしました。

その経験から、若手社会人に共通して必要だと思う知識、スキル、マインドを学ぶ助けになるような本を選んでいます。

紹介している本を読んで内容を知るだけでは意味がありません。一度読むことで知識をつけ、何度も読むことで意識できるようになり、最終的には当たり前にできるようになってはじめて意味があります。

若手の方や教育担当の方に少しでも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

必要最低限の知識を身につける

『入社1年目の教科書』

新入社員が仕事を進める上で大切な「仕事の3つの原則」と具体的な50の行動指針を1冊に凝縮!

仕事の原則1「頼まれたことは、必ずやりきる」

仕事の原則2「50点で構わないから早く出せ」

仕事の原則3「つまらない仕事はない」

(amazon「入社1年目の教科書」商品説明より)

最悪、他の本は読まなくて良いです。しかし、これだけは絶対読むべきです。とにかく新人の人は読みましょう。社会人としての当たり前のルールがこの本には書かれています。

例えばこれ

仕事の原則2「50点で構わないから早く出せ」

新人が最も陥りやすい間違いが「頼まれたことを自分一人の力で最後まで進めてから上司に見せる」だと私は思っています。私も最初はこの間違いを起こし、上司にボコボコにされていました。(もちろん、言葉で)

学生生活においては最後までやってから見せることが当たり前になっていると思いますが、ビジネスの世界では大きな間違いです。

学生時代は「自分一人の力で何点の答案を作れるか」が問われていますが、社会人になると「80点以上の答案をいかに早く作れるか」が問われていると思います。一人の力で作ろうが、見当違いな資料は何の意味もありません。時間の無駄です。

時間の無駄にならないように、アウトプットの方向性が決まったら上司や先輩にこのまま進めていいか意見をもらうべきです。そうすれば仮に間違っていてもすぐに方向性を修正できます。

このような社会人であれば当たり前の仕事の原則について書かれているのが「入社1年目の教科書」です。まずは最低限のルールを覚えることが若手社会人には必要です。

『メール文章力の基本』

いつも使うけど、きちんと教わることのなかった「恥ずかしくないメールの書き方、送り方」。「メールは1往復半で終える」「用件が2つあるなら件名も2つ」など仕事のできる人がやっている、短く、わかりやすく、見やすいメールが書ける77のルールを「良い文例・悪い文例」を対比する構成で紹介。巻末の「よく使うメールのひな型集」「よく使うメールのフレーズ集」を含め、即効性満点の1冊です。(amazon「メール文章力の基本」商品説明より)

当たり前すぎて意外と教えてくれないのがこれ。ビジネスメールの基礎。

この本を読むことで得られるメリットは大きく2つです。

  • 「失礼のない」メールが送れるようになる。
  • 「効率的に仕事が進められるような」メールが送れるようになる。

特に2つ目のメリットが大きいと思います。

メールを効率的にするには「1つのメールにかける時間を減らす」か「メールの本数を減らす」かのどちらかしかありません。このどちらにも効くような知識を身につけることができます。

会社や職種によってはメールに使う時間が多い人もいると思うので、そういう人には特に読んでもらいたい一冊です。

仕事をする上で必須のスキル。考えて、話す。

『シンプルに結果を出す人の5W1H思考』

・難しいフレームワークや思考・発想法を学んだが、うまく活用できていないと感じている

・物事の細部に入り込みすぎてしまい、「視野が狭い」「もっと全体を見て考えろ」「目的を忘れるな」とよく指摘される

・本質的な問題設定や抜本的な問題解決が苦手である

・説得力のある戦略プランが提案できない

・アイデアを出しても、「数が少ない」「平凡だ」とよく言われる

そんな悩みを持つビジネスパーソンに必読の1冊!

(amazon「シンプルに結果を出す人の 5W1H思考」商品説明より)

私が新人教育をしていた時に新人に勧めてかなり効果が出たのがこの本。その新人はいつも「誰が」や「なぜ」という部分が抜けて思考する傾向があったのですが、この本を読んでからは少しずつ意識できるようになっていました。

人によっては当たり前にできている若手の人もいると思いますが、逆に中堅以上の人でもできていなかったりするので、この本は若手だけでなく興味がある人には是非おすすめしたいです。思考がシンプルに整理されます

『あなたの話はなぜ「通じない」のか』

周りの人に等身大の自分を分かってもらいたい、相手と信頼関係を築きたい、前提の通じない相手ともきちんと話し合いたい、聞き上手になりたい、人を説得したい、相手の共感を得たい―。なかなか自分の「想い」を人に伝えるのは難しいもの。コミュニケーション上手になるためにはどうすればいいのか?基礎のキソから懇切丁寧に教えます。究極のコミュニケーション技術論。 (amazon「あなたの話はなぜ「通じない」のか (ちくま文庫)」商品説明より)

何かを考えたら次は誰かに伝えなければ頭の中の空想で終わってしまいます。そして、誰かに何かを伝える際に一番多い手段はおそらく「話すこと」だと思います。

どれだけ良い考えでも、人に伝わらなければ意味がありません。そんな「話して伝えること」に関して、わかりやすくも本質的な考え方を学べるのが『あなたの話はなぜ「通じない」のか』です。

この本はビジネスの場に限らずコミュニケーション全般について書かれています。そのため、コミュニケーションに困っているすべての人におすすめしたい一冊です。

もう一歩先のビジネスパーソンに

『プロフェッショナルの条件』

どうすれば一流の仕事ができるか。ドラッカーの教える知的生産性向上と自己実現の秘けつ

本書は,ドラッカーの膨大な著作の中から,我々一人ひとりがどう成果をあげ,貢献し,自己実現を図っていくかについて述べた部分を抜き出して1冊の本にまとめたものである。題して,「ザ・エッセンシャル・ドラッカー・オン・インディヴィデュアルズ(ドラッカー生き方・働き方読本)」。しかも,編者はドラッカー訳を長年手がけ,ドラッカーの著作を誰よりも知りつくしている上田惇生氏。これを聞いただけで,ドラッカー・ファンはそわそわしてくるのではないか。

ドラッカーの著作というと,マネジメント,社会論に関するものという印象が強い。実は多くの著作の中でドラッカーは,個々の人間がどう働き,どう生きたらいいかについてもくり返し言及している。なぜなら,ドラッカーが30年も前から予言したように現代は知識社会への転換期を迎えており,そこで働く知識労働者は,自分の仕事に責任を持ち,自らをマネジメントすべき存在だからである。(amazon「プロフェッショナルの条件」商品説明より)

マネジメントの分野で超有名なドラッガーが、個人の生き方や働き方について書いたのがこの本。一流の仕事をするためのマインドに触れることができます

この本については、若手だけでなくすべてのビジネスパーソンにおすすめしたい一冊です。仕事をする上でのバイブルと言ってる人も少なくない名著中の名著です。

『一生使える見やすい資料のデザイン入門』

◎見やすい資料はこんな資料

■1スライド=1メッセージ

■視覚情報を活用している

■箇条書きに頼りすぎない

■無駄な要素がない

■情報が凝縮されている

人にわかりやすく伝えるには、「見やすさ」が重要です。文字、図、表などの使い方にほんの少し気を配り、見やすさを意識するだけで、資料の仕上がりはぐっと見違えてきます。(amazon「一生使える 見やすい資料のデザイン入門」商品説明より)

会社や職種によっては若手でも資料を作ることがあると思います。その際に有用なのがこの本です。主にパワーポイントなどのスライドでの資料作成を想定している本ではありますが、どんな資料でも言えるようなことも書かれています。

ビジネスの場においては、資料の見やすさやわかりやすさがとても重要です。お客さんや上司はわかりづらかったり見づらい資料を丁寧には見てくれません。どんなに良い案でも伝わらなければ意味がないのは、話す時も資料を作る時も同じです。

この本はデザイン性を追求するための本ではありません。他の人がきちんと資料を見てくれるように、デザインの基本を抑えるための本です。

ちなみにこの本はKindle Unlimitedの読み放題の対象となっています。

Kindle Unlimitedを体験してわかった良さ【おすすめの本と料金も】

  Amazonが「Kindle Unlimited」のサービスを始めてから約1年が経過しました。ネット上では読みたい本が「Kindle Unlimited」の読み放題対象でないから微妙とい ...

続きを見る

まとめ

以上が若手社会人におすすめの本6選です。

特に、最初に紹介した『入社1年目の教科書』は基本中の基本しか書かれていないので、是非読んでみることをおすすめします。

逆に教える側の方も、細かいルールを教えるのは本に任せてしまった方が効率が良いと思うので、基本ができていない若手に悩まされている方は、是非若手にこの本を勧めてみてください

-Kindle本

Copyright© WASENEE , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.